マンゴスチンに注目

注目の成分・素材
第117回

マンゴスチン

血中コレステロール低下作用

注目の成分・素材「第117回マンゴスチン」写真

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

マンゴスチンは東南アジア原産のオトギリソウ科フクギ属の常緑小高木。

果実はフルーツの女王といわれる。

通常、生で食すが、ジュース、缶詰などの加工品もある。

やわらかい果肉は上品でさわやかな甘さを有し、まさに“女王”の名にふさわしいテイスト。

一方で、優れた健康効果でも知られる。

古くから果皮の乾燥粉末が薬として重宝され、果実を丸ごと使った湿布は皮膚病の治療に使われるなどしていた。

その果皮に含まれるキトサンが他の植物と比べ、量・品質の面で優れ、人体への効能がスムースなのがその理由だ。

研究では、抗ウイルス作用、抗糖尿作用、血中コレステロール低下作用、抗腫瘍作用などが明らかになっている。

最新の食薬区分で、その果皮が非医薬品リスト(医薬品的効能効果を標榜しない限り医薬品と判断しない成分本質リスト)に新規収載されており、今後の展開が注目される。


注目の成分・素材TOP
健康美容NEWSモバイルTOP
アサイー|L-カルニチン|コタラヒムブツ|葉酸|イノシトール|亜麻仁|ピクノジェノール|プエラリア・ミリフィカ|フコイダン|ホスファチジルセリン|ケルセチン|冬虫夏草|エキナセア|ビルベリー|ボルフィリン|αリポ酸|アスタキサンチン|ウコン
健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO