マンゴージンジャーに注目

注目の成分・素材
第111回

マンゴージンジャー

ダイエット効果

注目の成分・素材「第111回マンゴージンジャー」写真

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

マンゴージンジャーはショウガ科の香辛野菜。学名をCurcma amada、英名をMANGO GINGERという。

インド・ケーララ州、タミルナド州、アンドラプラデュ州、ベンガル地方などで栽培される。

根茎部分は太く円筒状で、生マンゴーのような芳香とショウガの風味を持つ。

その名の由来はそこに起因するとされる。

インドでは、根茎をピクルス(漬物)や香辛野菜として利用する。

機能性素材として、ダイエット効果が確認されているほか、マウス実験では血糖値上昇抑制、脂肪分解作用、脂肪蓄積抑制作用などが確認されている。

食品素材としての使い勝手よさからダイエット食としての利用が期待される。

さらに、メタボ関連への対応素材としてのデータも揃っており、今後ニーズが増大しそうである。


注目の成分・素材TOP
健康美容NEWSモバイルTOP
アサイー|L-カルニチン|コタラヒムブツ|葉酸|イノシトール|亜麻仁|ピクノジェノール|プエラリア・ミリフィカ|フコイダン|ホスファチジルセリン|ケルセチン|冬虫夏草|エキナセア|ビルベリー|ボルフィリン|αリポ酸|アスタキサンチン|ウコン
健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO