健康美容NEWSモバイル
プレスリリース

6カ国の歯周病、オーラルケアに関する調査を発表/サンスター


[2014/11/10]

サンスター株式会社は、「G・U・M」発売から25年を迎えるにあたり、6カ国20〜69 歳の男女2,280人を対象に、世界のオーラルケア・歯周病事情に関する調査*1を実施しました。

調査の結果、日本ではキスの習慣がないにも関わらず、口腔内細菌感染症である歯周病の可能性のある人が5人に1人で6カ国中最多であるという結果になりました。歯みがき時に使用するコップの管理には各国間で差があり、コップの共用が日本では浸透している半面、ドイツでは別々で管理しているという習慣の違いが顕著に現れました。また、各国での口臭に対する意識や予防に対する考え方の違いも浮き彫りになりました。

この結果について、神戸常盤大学の野村慶雄教授は、日本人は歯周病を疑わせる症状を自覚している人が多く、また6年ごとの歯科疾患実態調査でも成人の8割が口の中のどこかに歯周病を有しています。しかし、これは日本特有のものではなく日本人を含め世界で多くの人が感染している疾患です。それぞれの国において生活習慣に違いはありますが、その生活習慣の違いがその国の歯周病罹患と直接関係しているとは思えません。しかし、歯周病が世界的に最も多い感染症であり、全身への影響も明らかになった現在、原因である細菌を確実にコントロールすることを心がけましょう。

*1 調査の方法
調査期間:2014年9月2日〜17日
調査方法:インターネット調査(マクロミル)
調査対象:6カ国(日本、アメリカ、ドイツ、オーストラリア、イギリス、スウェーデン)
20〜69 歳の男女 各国 380 人
※調査結果は下記URLをご参照ください


※リリースの詳細は下記URL(PDF)をご参照ください
◎ サンスター株式会社 2014年11月10日発表
http://jp.sunstar.com/company/press/2014/pdf/141110.pdf

◎ サンスター株式会社
http://jp.sunstar.com/

つぶやく
関連ニュース
セ歯周病と関節リウマチを関連づける細菌
セ日米欧でオーラルケアに関する意識調査を発表/ライオン
セラクトフェリン配合タブレットを発売/森下仁丹
関連ワードで検索
歯周病オーラルケア
ソ今週のアクセスランキング
1.ダスキンに対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
2.新設・再生医療用培地製造工場を竣工/日水製薬
3.インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に対する要請について(平成 28 年 1 月〜3 月)/消費者庁
4.特定商取引法違反の連鎖販売業者(IPSコスメティックス)に対する業務停止命令(3か月)及び指示について/消費者庁
5.休養サポートを目的とした繊維製品に係る取扱いが明確になりました〜産業競争力強化法の「グレーゾーン解消制度」の活用〜/経済産業省
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO