健康美容NEWSモバイル
プレスリリース

化粧品容器メーカーがスキンケア容器開発傾向に沿った商品を開発


[2011/01/31]

スキンケア容器開発の動きとトレンド

基礎化粧品を開発するうえで、近年は特に開発コストを抑えて、お客様に価値(ヴァリュー)のある商品をお届けすることに、商品開発担当の方々が日々苦労をなさっている。

特に、商品ブランドの顔とも言うべきボトルは、ブランド個性を最も表現する要素だけに、デザイナーの皆さんは微細な点までこだわることが多いようだ。

年間数億円を販売目標とする大型ブランドであれば、オリジナルの型から制作し、

ブランドコンセプトを反映した、個性豊かな容器制作がコストからも可能だが、近年は様子が違ってきている。

ここ数年は容器メーカーが開発デザインした汎用型を使用し、

ポンプ・キャップ等の色・素材・組み合わせのバリエーションによってオリジナル化をはかるケースが主流となってきた。

それを可能としている要因として、下記の傾向があげられた。

1 適合するポンプ・キャップのバリエーションが増えた

2 内容物保護力が強い硝子、透明度が高いPCT素材、軽いPET素材等、

汎用ボトル素材のバリエーションが増えた

3 ボトルメーカーが企画・開発・デザインを充実させた

4 表面加工(着色、印刷等)のアイデア技術を小ロットでも対応

できるようになってきた

このような「汎用型のボトルをいかにオリジナル化するのか」という命題に対し、

化粧品容器メーカーのポジティブな改善は、これからも続いていく。

ERシリーズを例に、汎用型を上手に個性化させるデザイン提案

石堂硝子社でも、昨年末よりシンプルでデザイナーの方々にデザインアイデアのバリエーションが広がる、ERシリーズという自社型を複数開発途中にある。

このERシリーズを使用し、ボトルの着色、キャップデザインの組み合わせ、

キャップの質感、ロゴの配置・・等、デザインの基本的な違いによって、

同じボトルシェイプであってもここまでイメージ個性を違って表現できるという例を下記のホームページで発表した。

http://www.ishido-glass.co.jp/2011ertrend.html

同一ブランドでのライン化を検討の場合は、

ERシリーズのみでのライン化の写真も下記ホームページに掲載されている。

http://www.ishido-glass.co.jp/er_series.html

本年も新たな自社型の追加を計画中とか。

近年の化粧品ブランド開発のスピードも加わって、化粧品容器メーカーのオリジナル汎用型作成の勢いは止まりそうもない。

サンプルご希望の方、詳細情報をご希望の方は下記メールよりお問い合わせください。

お問い合せ先 E-Mail: igweb@ishido-glass.co.jp

弊社では、新製品ERシリーズを筆頭に、表面デザイン・加工によって、異なった個性を訴求できるボトルを取り揃えております。

東京ショールームにて、ぜひお手にとってご覧ください。

* ショールームへお越しの節は、事前にお電話をお願いいたします。

東京ショールーム :〒160-0023 東京都新宿区西新宿3・2・11

新宿三井ヒ゛ル二号館3F

TEL:03・6302・4585

地図 : http://www.ishido-glass.co.jp/showroom.html

お時間のない場合や、具体的なプロジェクト用としてサンプル送付を

ご希望の場合は、下記へご連絡ください。

http://www.ishido-glass.co.jp/contact.html

つぶやく
関連ニュース
セ横浜・みなとみらい21で新研究所の起工式を実施 /資生堂
セ肌を若返らせるスキンケア製品の選び方
セ鶴ヶ島市 ふるさと納税 返礼品で好評の「サフラン配合コスメ」製造販売を開始/フッカーコスメチックス
関連ワードで検索
化粧品容器傾向化粧品スキンケア
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
3.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.働く女性の髪の悩みが大きく変化する年代は?
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO