健康美容NEWSモバイル
プレスリリース

再生医療によるアンチエイジング施術の提供を開始


[2010/12/15]

医療法人敬晴会リセリングクリニック「大阪再生医療センター」(所在地:大阪府大阪市、理事長:久保 周敬)は、最先端の医療をいち早く臨床として治療を受けることのできる再生医療センターとしての役割を果たすべく、更に大きな進化を遂げています。

この度、新たな治療、名古屋大学開発のお肌のアンチエイジング『スーパーリセリング』、札幌医科大学開発の手のアンチエイジング、毛髪再生『HARG』を開始いたしますので、お知らせいたします。

(1)お肌のアンチエイジング『スーパーリセリング』

〜名古屋大学開発、究極のお肌のアンチエイジング「リセリング」よりさらに優れた効果『スーパーリセリング』誕生!再生医療による若返り、あの「リセリング」(=培養細胞注入による皮膚再生治療)が更に進化〜

お肌のコラーゲンを作っている線維芽細胞。年とともに、また紫外線などでその数はどんどん減ってしまいます。

そのため、しわ・たるみを起こしますが、その線維芽細胞を採取し培養し皮膚に注入する治療「リセリング」は、2008年の「大阪再生医療センター」開院以来、しわ・たるみが驚くほど改善する治療法として好評をいただいております。

今回、さらに進化した『スーパーリセリング』が誕生しました。

名古屋大学で開発し、当院の細胞培養室での研究の結果、「リセリング」の培養技術も含め、治療技術が向上し、より多くの細胞を培養し、皮膚に定着させることと、他の治療との組み合わせにより、さらに高い効果、さらに大きな満足感を得られるようになりました。

『スーパーリセリング』は、「リセリング」ではあった年齢制限がなくなり、更に治療の難しかったたるみや深いしわも治療できるようになりました。

既に一部の患者様が、いち早く『スーパーリセリング』の治療を受けられており、その効果に驚きの声を上げられています。

(2)手のアンチエイジング

〜札幌医科大学開発、今まで治療の難しかった手の皮膚の若返り治療を大阪では初めて(全国で2施設目)開始〜

手は顔の次に頻繁に人目に触れる部分です。はりのなくなった手の皮膚には、しわ、たるみ、血管が浮き出てくるとった手特有の症状が目立ってきます。

皮膚の若返り治療として、効果と安全性の高さに関して他の追随を許さない「リセリング」ですが、再生医療を用いたこの究極の美容医療は、一回に培養できる細胞の数が限られており、治療範囲が広くなると、お顔のしわ治療に用いる通常の「リセリング」コースに比べ2〜3倍の通院回数が必要になります。

そのため、通院回数と期間と同様に、治療費が高額になるという欠点がありました。

今まではリセリングでの手の治療は現実的とは言えませんでした。

このたび、札幌医科大学皮膚科学教室の小野 一郎准教授との自主臨床研究を共同で行うことになり、手の皮膚の若返り治療が可能となりました。

小野准教授は世界に先駆けて基礎研究を始められ、最も効果の高いグロスファクター(線維芽細胞増殖因子)を使用した若返りの方法を解明、確立されたグロースファクター研究の第一人者で、平成14年からこのグロースファクターを用いた臨床研究の応用に着手されました。

小野准教授の臨床研究で判明した多くの非常に良好な臨床効果と、当院ですでに確立されている若返り治療「リセリング」を併用する事により、効果的な治療を行えることになり、費用と期間を短縮する事が可能となりました。

手の甲も指もしなやかでしっとりと綺麗であれば指輪や時計も一段と映えて、若々しい印象になります。

(3)毛髪再生の最前線

〜医療毛髪再生HARG療法を開始〜

HARG療法:Hair(毛髪) Re-generative(再生) Therapy(治療)という言葉の頭文字をとった『HARG(読み:ハーグ)』。『HARG』療法は「毛髪再生医療」といい、毛を毛根から「再生」させる医療技術です。

『HARG』療法の特徴は、男性の方だけでなく、女性の方で薄毛や円形脱毛症にお悩みの方にも効果が期待できる画期的な治療法である点です。

最先端の毛髪再生医療を語る上でかかせないのが「幹細胞」と「成長因子」です。「幹細胞」とは、分化してヒトの皮膚や筋肉などの様々な組織を形成していく細胞で、ここから抽出された数種類の「成長因子(AAPE)」が、毛髪の成長力を回復させます。

個人差はありますが、治療を受けたほとんどの方が半年から1年ほどの間に発毛の効果を確認できました。早い場合には1回の治療で発毛が認められるという臨床報告があります。

最先端の再生医療の技術をもちいて、不可能を可能にする医療。

大阪再生医療センターは、この『スーパーリセリング』などの再生医療を臨床で一般の方々に提供する事ができる国内で唯一の施設です。

■本件に関するお客様からのお問い合わせ先

大阪再生医療センター事務局

tel : 06-6357-3456

fax : 06-6881-1606

E-mail: info@ormc.jp

■大阪再生医療センター 概要

クリニック名: 医療法人敬晴会リセリングクリニック「大阪再生医療センター」

代表者 : 理事長 久保 周敬

所在地 : 大阪府大阪市北区天満橋1-8-40 帝国ホテルプラザ2階

開業日 : 2007年12月

主な事業内容: 再生医療

URL : http://www.ormc.jp

つぶやく
関連ニュース
セ新設・再生医療用培地製造工場を竣工/日水製薬
セ再生医療「毛包器官再生による脱毛症の治療」に関する共同研究の開始について/京セラ
セ『雪肌精』 新たなマーケティング戦略をスタート/コーセー
関連ワードで検索
アンチエイジング再生医療?毛髪
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
2.ワイルドローズの優美な香りのバスソルト「クナイプ グーテバランス バスソルト ワイルドローズの香り」発売
3.鶴ヶ島市 ふるさと納税 返礼品で好評の「サフラン配合コスメ」製造販売を開始/フッカーコスメチックス
4.皮脂バランスが整っていない人向けの美容クレンジングリームを新発売
5.診療困難な「うつ病・双極性障害」にも対応/三田こころの健康クリニック
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO