健康美容NEWSモバイル
プレスリリース

「ビターレス グァバ葉ポリフェノールエキス」の開発・商品化に成功


[2010/10/06]

元気に暮らせる為の食のスタンダード化を目指し、グァバ葉ポリフェノールエキスメーカーとしての地位を固めてきた株式会社エコビジネス(本社:千葉県柏市、代表取締役社長:赤松 茂昭)は、グァバ葉ポリフェノールの苦みをカットして美味しく摂取するための理想的な味を追求し、液体の「ビターレス グァバ葉ポリフェノールエキス」(以下 ビターレスポリフェノール)の開発・商品化に成功しました。これに伴い、飲料や食品への使用実用化企業を募集いたします。

【背景】

健康効果が期待できる「第七の栄養素(機能性栄養素)」として、今、世界中で注目されている「ポリフェノール」。その中でも特に抗酸化(アンチエイジング)、抗糖尿病(血糖値上昇抑制作用)に有効であると評価されているのが『グァバ葉ポリフェノール』です。

グァバ葉ポリフェノールの健康食品への応用開発は日本企業が世界をリードしています。1998年、大手企業が「グァバ茶」を発売して以来大ヒットを継続中で、血糖値の上昇抑制が期待できるグァバ葉ポリフェノール効果は広く一般に知られるところとなりました。

但し、『良薬、口に苦し』の通り、グァバ茶は健康効果が期待できる半面、味に難があるため、飲料以外には適さず、他の食材とのマッチングが困難でした。

【「ビターレス グァバ葉ポリフェノールエキス」について】

弊社はこれまで、「『ビターレス ポリフェノール』で世界中が毎日健康!」を目標とし、大手企業のOEM飲料や食材開発を担当、市場に“美味しい”ポリフェノール配合食品を提供すべく研究開発を重ね、累計100万食以上を供給してまいりました。

そしてこの度、苦みのあるグァバ葉ポリフェノールの味を改良し、飲料・食品等の既存商品に簡単に配合できる水溶性液体エキスの開発、商品化に成功。これまで開発した商品の中で、最も苦味・渋み成分をなくしたものとなり、素材の味を壊さず、むしろまろやかさを与える、画期的なグァバ葉ポリフェノールエキスとなりました。

「ビターレス」とは、「苦味がない」という意味の造語です。弊社開発のエキスは、グァバ葉ポリフェノールの健康効果はそのまま残し、水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)の効果的活用によって、いままでの味を劇的に改善することに成功しました。

■「ビターレス ポリフェノール」を使用した製品例

・+水で「グァバ茶」

・+ミルクで「グァバ・ミルクティー」

・+焼酎で「グァバ・ハイ」

・その他、ビールなどの炭酸飲料に入れることで「エスプーマ(泡の持続)作用」を利用した新しい泡の楽しみ方を提案

<参考動画>

「グァバ葉ポリフェノールエキスのエスプーマ(泡の持続)作用

世界の炭酸飲料の“泡”の楽しみ方を変えます! ※特許申請中

http://www.ecobusi.com/%E5%8B%95%E7%94%BB/ (弊社サイト)

【使用実用化企業募集について】

「ビターレス ポリフェノール」を既存の食品群に配合することによって、グァバ葉ポリフェノール効果を付加した健康志向食品の新市場を創造するべく、飲料、乳製品、調味料、加工食品等への使用実用化製造開発メーカーを募集いたします。

「ビターレス ポリフェノール」を配合することによって、既存の商品の数だけ新たなポリフェノール製品が誕生していく可能性があります。食品に健康効果の見込まれる摂取量配合が可能で、且つ、どんな食品にも合わせ易い液体エキスの「ビターレス ポリフェノール」は、現在の疲弊しがちな食品市場を活性化し、日本の強みである食の安全と技術力で世界市場に打って出る起爆剤として、新たな健康志向食品市場を開拓する企業の強い武器になります。

国内外を問わず、興味を持っていただける食品メーカー様、新たな配合食品を一緒に企画・開発していただける会社様のお問い合わせを心よりお待ちしております。

◆ポリフェノール

「ポリフェノール」は、植物が作り出した苦味・渋味・匂い・色素成分で植物が健康に生長するためには必要な機能性物質です。世界的な赤ワインブーム以降、生活習慣病を予防する観点からポリフェノールの健康増進効果の研究が世界中で進みました。現在では7番目の栄養素(機能性物質)として評価が高まっています。

◆グァバ葉ポリフェノール

グァバは、フトモモ科バンジロウ属で、熱帯・亜熱帯地方に分布・生育する常緑果樹です。過酷な自然環境に適合し、たくましく進化し、グァバ特有の生活習慣病に効果の期待できるポリフェノールを作り出しました。葉には健康成分が含まれ、沖縄、台湾や中国では古くからグァバ葉を煎じてお茶として飲んでいました。

・強力な抗酸化作用(アンチエイジング効果)

・糖質・脂質の消化分解酵素に影響を与える作用(血糖値上昇抑制作用、ダイエット効果)

・花粉症などを抑制する抗ヒスタミン作用(抗アレルギー効果)

・メラニン色素の生成を抑制する作用(美白効果) その他研究継続中。

また耐熱性にも優れ、加工・加熱調理でも有効成分を損なうことなく摂取できるため、加工原料としても最適です。安全面でも、摂取後4時間程度で体外に排出されるので、体内に蓄積されず、摂り過ぎても悪影響がないため、一日を通して飲食時毎に無理なく摂取することができます。

【会社概要】

中南米のトップ企業、Valle(バジェ)社のフレッシュジュース輸入日本総代理店として2000年に創業。偶然、主力のピンクグァバジュースから血糖値上昇抑制作用を確認。それを機に「グァバ葉ポリフェノール」に注目し、研究開発を重ね現在に至る。日本発の市場創造型食品事業ベンチャーとして期待されている。

社名 : 株式会社エコビジネス

代表者 : 代表取締役 赤松 茂昭

本社 : 〒277‐0882 千葉県柏市柏の葉5-4-6 東葛テクノプラザ310

設立 : 2000年3月21日

資本金 : 8,200万円

事業内容: 第七の栄養素ポリフェノール食品市場の創設と普及活動

ポリフェノール配合食品製造・販売

製品輸出輸入業

URL : http://www.ecobusi.com

つぶやく
関連ニュース
セ「コラリッチ ディープエクストラリッチローション」新発売/キューサイ
セ和漢植物エキス配合 ヘアケア「MIYABIKA(R)シリーズ」新発売/武田薬品工業
セ9/8 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉エキス[富士フイルム] 追加1製品を公表)/消費者庁
関連ワードで検索
ポリフェノール原料エキス グァバ葉
ソ今週のアクセスランキング
1.本格派岩盤浴マットを新発売
2.姿勢専用マッサージチェア登場
3.輸入食品に対する検査命令の実施について (米国産セロリ及びその加工品)
4.大学発“知の見本市”が閉幕
5.かつおぶし関連加工品の食品表示の適正化について
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO