健康美容NEWSモバイル
プレスリリース

ホワイトニングスキンケア市場概要とその容器傾向を分析


[2010/09/16]
ホワイトニングスキンケア市場概要とその容器傾向を分析

美白から美肌へ・・

白いというだけでなく、透明感・均一な肌色・ツヤ・シミ・くすみ・シワによる影をカバーすることまでも、ホワイトニング化粧品に求められるようになり、アンチエイジング化粧品との境目がますます薄れてきている。

白い肌というより、健康的で若々しい生まれたてのスッピン美肌を求められているといえる。

化粧品容器メーカーの石堂硝子株式会社が、美白スキンケア市場概要とその容器傾向分析を実施し、分類表をホームページで公開した。

< 医薬部外品としての特長 >

ボトルの特長

美白を訴求できるスキンケアは医薬部外品である。

そのため、内容物の効果を損なわないよう遮光は不可欠な要素で、それに加え清潔感や薬効・医薬部外品のイメージを訴求できる色づかいやデザインが多くなっている。

「形状や素材」

最近は柔らかなオーバルや、反対にシルバーメタルを部分使いした高級方向と、シンプルなチューブの2極化傾向。

また、内容物によっては硝子ボトルを必須とすることは従来と変わっていない。

それでは、2010年春に発売された医薬部外品・美白スキンケア商品の直近傾向は?

「白さ」より「透明感」、くすみ・濁りのない肌への欲求が加速されている。

容器デザイン傾向を見ていくと、3月に発売されたオッペン化粧品株式会社の『DR メディアッククリスタル』は、その透明感をクリスタルカットのような容器デザインで表現。

花王エストのホワイトニングクロスシナジーも、同様にカット面が美しいデザイン。

肌の光に着目した光透過ケアで、スポットライトを浴びたかのようなオーラ美白肌をコンセプトとしたSKIIはホログラムに光る容器。

このように、容器デザインは光る・輝く・効果をイメージさせるデザイン傾向にある。

石堂硝子(株)では、キャップにクリスタルカットのデザインを持たせたDJシリーズを充実させ、近年の美白化粧品容器に求められている「光る・輝く・効果をイメージさせるデザイン」へ対応できる、多数の組み合わせが可能となり、汎用性が高いスキンケアラインの容器を多数取り揃えている。

石堂硝子(株)社では、コスト的にもリーズナブルにオリジナルの美白化粧品容器を提供できるよう、ナチュラルでシンプルなデザインを取り揃えている。

詳細情報は下記の容器検索ページより。

http://www.ishido-glass.co.jp/bottle.html

ホワイトニング化粧品トレンド表はこちら。

http://www.ishido-glass.co.jp/2010whitening.html

事前電話をすれば、東京ショールームにて、直接手にとって見ることができる。

2011年春からのホワイトニング商戦に、化粧品メーカー各社に役立ててもらいたい。

石堂硝子株式会社 http://www.ishido-glass.co.jp//

本社所在地 :〒537-0014 大阪府大阪市東成区大今里西1-9-12

TEL:06-6971-3897 FAX:06-6974-1095

東京ショールーム :〒160-0023 東京都新宿区西新宿3・2・11 新宿三井ヒ゛ル二号館3F

TEL:03・6302・4585

地図 : http://www.ishido-glass.co.jp/showroom.html

つぶやく
関連ニュース
セ食品用器具及び容器包装の規制に関する検討会(開催案内)/厚生労働省(生活衛生・食品安全部)
セ新素材営業本部を新設〜CNF、ミネルパなど、事業化推進・拡販へ新体制〜/日本製紙
セメルセデス・ベンツと「旅」をテーマにした『B.A スキンケア コラボレーション商品』を発売/ポーラ
関連ワードで検索
容器スキンケアホワイトニング市場調査
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
4.キムチ由来の植物性乳酸を化粧品用途でも本格展開
5.貿易部、オーガニック食品部を設立。原料販売の拡販、オーガニック食品の需要に本格対応/テルヴィス
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO