健康美容NEWSモバイル
プレスリリース

肌に透明感をもたらす「マリアンナVAエッセンス」新発売


[2010/06/03]
肌に透明感をもたらす「マリアンナVAエッセンス」新発売

聖マリアンナ医科大学発のベンチャー企業、株式会社ナノエッグ(本社:川崎市、代表取締役社長:大竹秀彦、以下ナノエッグ社、http://www.nanoegg.co.jp/)は、同社が製造・販売する化粧品「MARIANNA(マリアンナ)」シリーズの新製品「マリアンナ VAエッセンス」と「マリアンナ HQエッセンス」を本日発表しました。

「マリアンナ VAエッセンス」、「マリアンナ HQ エッセンス」はそれぞれ、パルミチン酸レチノール(ビタミンA誘導体)、ハイドロキノンを有効成分として含み、セットで使用することで肌に透明感をもたらすスペシャルケア・アイテムです。両製品とも、ナノエッグ社と聖マリアンナ医科大学との共同開発成分「ナノキューブ」を配合しています。「ナノキューブ」は、特殊技術により調製されたジェル状物質で、有効成分の皮膚浸透性を高めます。さらに、皮膚のホメオスタシス(恒常性を保とうとする仕組み)を引き出すことで肌細胞を活性化させ、ターンオーバーを促進します。また、ヒアルロン酸産生を高める働きもあります。

今回の新製品は6月21日発売予定です。ナノエッグ社では、初年度売上 各5,000本を見込んでいます。

各製品の特徴は以下のとおりです。

1.マリアンナVAエッセンス
■製品分類 化粧品(クリーム)
■ポイント
「パルミチン酸レチノール」とナノキューブの配合により、肌サイクルのサポートと肌ダメージの防御の両方からシミ・シワ・たるみなどのエイジングサインにアプローチします。さらに「ビタミンC」と「ビタミンE」の配合により肌の酸化を防ぎます。美白スペシャルケアのもう一方のラインである「マリアンナHQエッセンス」との併用が効果的です。
■パルミチン酸レチノール
ビタミンA誘導体の一種。滞りがちな肌のターンオーバーを促進し、気になるエイジングサインに働きかけます。
■使用方法
洗顔後、化粧水や乳液等で肌を整えた後、適量を手のひらにとり、やさしくマッサージするように肌になじませてください。肌機能の生まれ変わる夜のスキンケアとして推奨します。
■内容量:15g
■価格:4,500円(税込)

2.マリアンナHQエッセンス
■製品分類 化粧品(クリーム)
■ポイント
美白成分「ハイドロキノン」と肌のターンオーバーを活性化させる「ナノキューブ」を配合することでメラニンの生成を防ぎ、すでにできてしまったシミの淡色化を促します。美白スペシャルケアのもう一方のラインである「マリアンナVAエッセンス」との併用が効果的です。
■ハイドロキノン
メラニン合成のもととなるチロシンの化学構造に非常に良く似ており、チロシンの代わりにメラノサイトに取り込まれることで、メラニンが合成されるのを防ぎます。さらに、すでにできてしまったメラニンを取り込んで還元し、淡色化させる作用もあり、シミ・ソバカスを改善します。ハイドロキノンには、酸素や光に対して不安定であること、効果が期待できる濃度では刺激を感じる場合があることなどの弱点がありました。今回、その弱点を、ナノエッグ社独自の技術で解決することに成功しました。
■使用方法
洗顔後、化粧水や乳液等で肌を整えた後、適量を指先にとり、気になる部分に、やさしくなじませるようにのばしてください。肌機能の生まれ変わる夜のスキンケアとして推奨します。
■内容量:15g
■価格:5,500円(税込)

【「MARIANNA」シリーズの購入方法】
通信販売(フリーダイヤル:0120-556-994または専用サイトhttp://www.nanoegg.jp/)を利用してください。聖マリアンナ医科大病院の売店でも販売しています。

【株式会社ナノエッグとは】
http://www.nanoegg.co.jp/
代表取締役社長 大竹秀彦
聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター発のベンチャー。医薬品、医薬部外品、化粧品、基剤等の開発、製造、販売を行う。

つぶやく
関連ニュース
セブラジルにおける化粧品素材事業について/住友商事
セ台湾におけるスキンケア化粧品の販売開始について/第一三共ヘルスケア
セDIC 子会社サンケミカル社の化粧品顔料が、天然系化粧品の欧州統一基準「COSMOS」認証を取得/DIC
関連ワードで検索
ビタミンA誘導体肌細胞活性化化粧品
ソ今週のアクセスランキング
1.犬用健康補助食品「『ペットラボ』皮ふ健康サポート」を新発売/アサヒカルピスウェルネス
2.サッポログループがAI(人工知能)を活用。問い合わせ者・回答者の両方の負荷を軽減へ/野村総合研究所
3.省エネ対策による効果試算【節電のお願い】
4.睡眠時無呼吸のセルフケア
5.オフィスワーカー、研修医ではビタミンD欠乏リスクが高い
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO