健康美容NEWSモバイル
プレスリリース

20、30代女性の9割が実践中の朝UV


[2010/05/27]
20、30代女性の9割が実践中の朝UV

20、30代女性トレンダーズ株式会社(東京都渋谷区)は、20、30代の有職女性に対し、「UVケア」に関する意識調査を実施した。

20、30代女性の多くが、UVケアへの関心が高く、特に朝のUVケアにも気を配っていることが分かった。

調査期間:2010年5月16日〜5月17日

調査対象:20〜39歳の有職女性500名

■ 働く女性の常識!? 99%が「外出時のUVケア必要」

特に紫外線が多いこの時期、女性にとっては「UVケア」は重要で欠かせないもの。

そこでUVケア事情について調査をした。

「外出するとき、UVケアは必要だと思いますか?」という質問については、実に99%とほぼ全員が「必要だと思う」と回答。もはや外出時のUVケアは常識のようだ。

「普段、UV対策でしていることは何ですか?」と聞くと、最も多かったのが「日やけ止めを塗る」で、全体の92%が回答。次いで、「日傘」(54%)、「帽子」(39%)と続いた。

手軽に塗れてしっかりUV対策ができる「日やけ止め」の支持が高いようだ。「紫外線が気になるのは、1日のうちどんなシーンですか?」と聞くと、最も多く挙がったのが「通勤時」で、半数以上が回答した。

また、「紫外線が気になる時間帯」について聞くと、最も多かったのが、「12時〜15時」で83%。次いで「9時〜12時」(67%)、「〜9時」(43%)と続いた。

日中だけでなく、出勤などで紫外線を浴びる機会が多い朝の時間帯が、UVケアでは重要のようだ。

■ 9割の女性が「朝UV」実践中!通勤時の紫外線対策に!

では、実際に朝どれだけUVケアが出来ているのだろうか。

「朝は、UVケアをしていますか?」と聞いたところ、実に87%が「している」と回答した。

その主な理由としては、当然ながら「シミ、日やけ対策のため。(36歳・コンサル)」

という意見がほとんどだが、中でもやはり「朝の通勤時間が一番紫外線を浴びる。(36歳・不動産広告デザイン)」「通勤時に日やけをしてしまうので欠かさずしている。(29歳・商社経理)」といった、

朝の通勤時の日やけを防ぐ意味で、UVケアを徹底している声が多く挙がった。

朝のUVケア習慣の「朝UV」は、働く女性にとって必須のようだ。

「朝、もっと時間が欲しいと思いますか?」という質問に対しては8割以上が「もっと時間が欲しい」と回答した。その中で、具体的に何がしたいかを聞くと

「ウォーキング、散歩」が最も多く、次いで挙がったのが「ストレッチ」。

朝から身体を動かしたい「健康志向」な意見が続いた。

ちなみに、「出社後にメイクをすることはありますか?」と聞くと、33%と3人に1人が「ある」と回答している。

具体的に何をするかについては、「アイメイク」(24%)、「ファンデーション」(21%)、

「UVケア」(8%)という結果となった。

「UVケア」はやはり、出社前に多くの人が済ませているようだ。

■ 3割の女性が、日やけ止め塗り忘れたら「出先で購入」!

「朝UV」は、8割以上が日頃から心がけているという実態が分かったが、

実際には朝の忙しさから、忘れることもあるだろう。

「外出前に日やけ止めを塗り忘れた時、あなたはどうしますか?」という質問に対して、

最も多かったのが「諦める」(53%)。人間潔さも必要といったところだが、

一方で「コンビニなどで購入する」と答えたのは27%。約3割の女性は、

自宅でのUVケアを忘れても、何とかケアしたいという気持ちが強いようだ。

また、「普段日やけ止めはどこに塗りますか?」という質問に対しては、

こちらも「顔」が最も多く96%。以下、「首」(67%)、「腕」(59%)、「手の甲」(43%)、

「足」(19%)、「デコルテ」(36%)と続いた。やはり、日焼けによりシミ、そばかすになりやすい顔周りが気になるようだ。

■ 日やけ止めに求めるもの、1位は「日やけ止め効果」

次に、今の日やけ止めに関する認識、また、求めるもの、期待についても聞いてみた。

「日やけ止めは、1日に何回塗り直しますか?」という質問に対しては、平均で「0.94回」と、

およそ1日1回塗り直していることが分かった。

次に「日やけ止めを塗り直すのは、どんな時ですか?」と聞くと、最も多かったのが、

「汗をかいたとき」で44%が回答。次いで「効果が薄れたと感じたとき」が33%、

更には、「メイクを直したとき」(24%)と続いた。一方で、35%と3人に1人が「塗り直さない」と回答している。

また、最後に「日やけ止めに求めるものは何ですか?」と聞いたところ、

最も多かったのが「日やけ止め効果」で93%が回答。

以下、「肌への負担の少なさ」(88%)、「ベタつかないこと」(73%)、「効果の持続性」(70%)と続いた。

「朝UV」の習慣化に伴って日やけ止めへの期待値も上がっているようだ。

今後のUVケア事情にも目が離せない。

つぶやく
関連ニュース
セ車のドアガラス越しの日焼けに注意 ―皮膚と眼を害する可能性
セ紫外線カット機能が持続 油中水(W/O)型ファンデーション製剤を開発/ポーラ化成工業
セ〈女性の恋愛と肌に関する意識調査〉接近女子が最も気になるのは「毛穴・ニキビ跡」70.5%/マンダム
関連ワードで検索
UVケア調査紫外線
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
3.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.秋の新色を限定発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO