健康美容NEWSモバイル
プレスリリース

角層の糖化が肌のキメに影響することを発見


[2010/04/30]

ポーラ・オルビスグループのポーラ化成工業株式会社(本社:東京都品川区、社長:岩?泰夫)は、肌表面の角層に存在する老化因子AGEs(※1)がキメの状態と関連していること、さらには、レンゲソウエキスに角層のAGEsを除去する効果があることを発見しました。この研究成果は、2010 年5月5日から米国アトランタで開催される第70 回米国研究皮膚科学会(※2)にて発表いたします。

肌の“糖化”はエイジングを引き起こす原因として近年注目を集めています。ポーラ化成工業は、既に糖化の最終産物であるAGEs が肌深部の真皮に存在し、肌の弾力性や黄色化に影響を与えていることを報告しています。そして、真皮のAGEsを除去する成分YAC エキス(※3)を開発し、初めて真皮のAGEsを除去することを可能にしました。

今回新たに、角層のAGEsに着目し研究を進めた結果、角層のAGEs量が多い肌ほどキメが失われているのに対し、角層のAGEs量が少ない肌ほどキメが整い、理想的な肌であることがわかりました。そこで、角層AGEsを取り除くことでより魅力的な肌に導くことが出来ると考え、数百種類のエキスの中からレンゲソウエキス(※4)に角層のAGEsを減少させる効果があることを発見しました。

あわせて、角層のAGEs量は年齢とは関係がないことを突き止めており、角層AGEsの変化は年齢以外の要因が影響している可能性が示唆されています。このことは幅広い年齢の方に角層のAGEsケアが必要であることを示唆する知見として、今後の商品開発に応用してまいります。

※1 AGEs(advanced glycation end products)は、タンパク質と糖の反応により生成する最終産物で、生体では加齢に伴って蓄積することが知られています。特に、コラーゲンなどの生体における代謝回転の遅いタンパク質に蓄積が認められると考えられ、これまで皮膚のAGEs 研究はコラーゲンを主成分とする真皮に着目されていました。真皮におけるAGEsは、加齢とともに増加すること、日光を浴びた部位に特に多く存在することが報告されており、肌を老化へと導く重要な因子の1 つと考えられています。また、AGEsを分解する酵素などが知られていないことから、生成予防が対処法の主流となっています。

※2 米国研究皮膚科学会は、The Society for Investigative Dermatology 主催の全米で最も権威ある皮膚科学領域の学会で、世界トップレベルの皮膚科学研究者が最先端の研究成果を発表する学会です。

※3 ポーラオリジナル成分のヨモギエキス。AGEs の除去作用を持ちます。

※4 ポーラオリジナル成分のレンゲソウエキス。角層のAGEsの除去効果をもつ特別な製法で作成しました。

つぶやく
関連ニュース
セ角層水分量が「肌の好不調実感」を左右することが判明/ポーラ化成工業
セ横浜・みなとみらい21で新研究所の起工式を実施 /資生堂
セ思春期にニキビが多かった人は肌の老化が遅い可能性
関連ワードで検索
?角層老化ポーラ・オルビス研究
ソ今週のアクセスランキング
1.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
2.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
3.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.働く女性の髪の悩みが大きく変化する年代は?
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO