健康美容NEWSモバイル
プレスリリース

美白化粧品 48.5%の人が不満


[2010/03/25]

株式会社ニッセン(本社:京都市南区、代表取締役社長:佐村信哉)では、美白化粧品に関する女性のニーズを把握するため、「美白※化粧品に関するイメージ調査」を実施しました。(有効回答 1,132名。ニッセンのオンライン会員対象)

その結果、「今ある美白効果では満足していない」女性の、さまざまなホンネが浮き彫りになりました。
※美白化粧品とはメラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ化粧品

調査結果では、48.5%の女性が「美白効果はなかなか現れない」と不満を持ち、美白化粧品の効果実感が低いと思っていることがわかりました。薬事法上では、「日焼けによるしみ・そばかすを防ぐ」という効能表現が許可されたものを美白剤と定義しています。しかしながら、女性は、「しみ」に限らず「肌に透明感がでる」や「くすみが取れる」なども幅広く美白化粧品の効果と捉えており、美白化粧品と女性が求める美白効果の間にギャップが生じていることがわかりました。


【調査概要】
●調査方法:ニッセンのインターネットサイトにてWEBアンケート調査
●調査の対象:ニッセンのオンライン会員である女性
●有効回答数:1,132件
●調査実施期間:2009年12月12日(土)〜15日(火)


【調査結果概要】

■半数以上の人が、自分にあった美白化粧品を見つけることができていない

「メーカー、ブランドがたくさんあり、どれが良いかわからない」とあげた人が57.1%、「自分に合うものがわからない」とあげた人が50.8%と、美白化粧品競争によりさまざまな情報があふれる中、うまく自分にあった美白化粧品を見つけることができない人が約半数もいることがわかりました。

また、「美白に効果のある成分」の認知度調査でも、大手メーカー独自の美白有効成分の認知度はまだまだ低いことから、年々進化していく技術、美白メカニズムや美容理論が難しくなり、一般の消費者は美白化粧品選びにさらに悩む状況であるといえます。

「納得がいく、わかりやすい美容理論の美白化粧品」というのが、これから求められる美白化粧品のポイントと思われます。

■美白化粧品に望むものは「効果」「価格」「アンチエイジング」

美白化粧品に望むことのトップはもちろん「効果」で74.7%、ついで「価格」が71.2%、そして「アンチエイジング効果」と回答された方は53%に上がりました。これからは単に「メラニンの生成を抑える」だけの美白化粧品だけでなく、アンチエイジング効果のある美白化粧品がますます求められると思われます。

つぶやく
関連ニュース
セHAKU から秋冬に向け 医薬部外品の化粧水&美白オイルを発売/資生堂グループ
セブラジルにおける化粧品素材事業について/住友商事
セ台湾におけるスキンケア化粧品の販売開始について/第一三共ヘルスケア
関連ワードで検索
美白化粧品しみそばかすニッセンホンネアンケート調査
ソ今週のアクセスランキング
1.健康食品の電話勧誘販売している3事業者に業務停止命令(3か月)/消費者庁
2.7/11機能性表示食品の届出情報(いちょう葉エキス《インシップ》)等追加7製品を公表/消費者庁
3.歩行速度の低下は認知障害のサイン?
4.7/24機能性表示食品の届出情報(ビルベリープラス《シャンソン化粧品》)等追加5製品を公表/消費者庁
5.特定商取引法違反の訪問販売業者に対する業務停止命令(3か月)について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO