健康美容NEWSモバイル
プレスリリース

花粉飛散は睡眠時間を減らす


[2009/02/18]

花粉症と眠りに関する調査
鼻づまりに悩む人、花粉症時期の睡眠時間は通常時より平均1.2時間短く
〜花粉症時期は眠りの時間・質共に低下し、日常生活に悪影響〜

・花粉症時期は、通常時の睡眠時間に比べて、平均1.2時間短く
・花粉症時期に最もつらいのは「睡眠」
・よく眠れた日は体調もメンタルも好調
・寝つきを良くするために試してみたい対策 1位「鼻孔拡張テープを貼る」
・花粉症時期の集中力低下 96.2% 、花粉症の症状のせいで痛い失敗も

有効回答数:500人 (男性:250人 女性250人)実施時期:2009年2月7日-2月8日
グラクソ・スミスクライン(株)調べ

花粉症と眠りに関する調査
鼻づまりに悩む人、花粉症時期の睡眠時間は通常時より平均1.2時間短く
〜花粉症時期は眠りの時間・質共に低下し、日常生活に悪影響〜

・花粉症時期は、通常時の睡眠時間に比べて、平均1.2時間短く
・花粉症時期に最もつらいのは「睡眠」
・よく眠れた日は体調もメンタルも好調
・寝つきを良くするために試してみたい対策 1位「鼻孔拡張テープを貼る」
・花粉症時期の集中力低下 96.2% 、花粉症の症状のせいで痛い失敗も

有効回答数:500人 (男性:250人 女性250人)実施時期:2009年2月7日-2月8日
グラクソ・スミスクライン(株)調べ

花粉飛散は睡眠時間を減らす

鼻孔拡張テープ「ブリーズライト(R)」を販売するグラクソ・スミスクライン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、日本在住の花粉症患者で、且つ最もつら い症状として鼻づまりをあげている20歳以上の男女500人(男性:250人、女性250人)を対象に、花粉症と眠りに関する調査を行いました。

この結果、花粉による鼻づまりに悩む人は、花粉症時期になると睡眠の質も時間も共に低下し、日常生活に何らかの悪影響を及ぼしていることがわかりました。
以下が調査結果の要点となります。

鼻づまりに悩む人、花粉症時期の眠りの実態
■花粉症時期は、通常時の睡眠時間に比べて、平均1.2時間短く
花粉症時期とそうでない時期のそれぞれの平均睡眠時間について統計を取ったところ、花粉症時期はそうでない時期に比べ、平均で1.2時間も睡眠時間が短くなることが分かりました(※1)。

さらに、「花粉症時期はそうでない時期と比べて寝つきが悪くなる、もしくは眠りが浅くなると感じますか」の質問では、実に全体の87.4%もの人 が、「ある」(44.2%)もしくは「たまにある」(43.2%)と回答しました。花粉による鼻づまりが睡眠の質や量に大きく影響していることが分かりま す。

(※1)平均睡眠時間の算出方法:3時間未満は2.5時間、3時間〜7時間未満の軸は各項目の中心時間を軸とし、7時間以上は8時間とし、各項目に当てはまる人数をかけた合計数値を、合計人数で割り出した平均値。

■花粉症の時期に最もつらいのが「睡眠」
「花粉症の時期に最もつらいと感じるときはいつか」の問いでは、 「就寝時」と答えた人が27.4%と最も多く、3位の「睡眠中」(20.0%)と答えた人と合わせると、睡眠に関する悩みを持つ人が約半数の47.4%に のぼりました。また、男女差でみると、「仕事中・デスクワーク時」と回答した人は男性が26.4%だったのに対し、女性は16.0% 、「家事」と回答したのは男性0.0%、女性10.0%でした。

■よく眠れた日は体調もメンタルも好調
よく眠れた日とそうでない日の違い(複数回答)では、体調や集中力の違いだけではなく、「気持ちが明るくなる」(2位)、「精神が安定する」(5位)と、 メンタル面での違いを感じている人が多くみられました。また、男女別ランキングを見ると、女性の方がメンタル面での違いを示す回答(「気持ちが明るくな る」、「精神が安定する」)が上位になっており、さらに「肌の調子」など美容にも影響すると意識している人が多いようです。

■寝つきを良くするために試してみたい対策 1位は「鼻孔拡張テープを貼る」
寝つきを良くするために今後試してみたい対策を聞いてみたところ、39%の人が「鼻孔拡張テープを貼る」と答え、2位以下を大きく引き離して圧倒的1位となりました。

■花粉症時期の集中力低下 96.2% 、花粉症の症状のせいで痛い失敗も
花粉症時期に集中力が低下するかどうかを聞くと、調査対象者の96.2%もの人が、「すごくそう思う」(47.6%)もしくは「まあ そう思う」(48.6%)と回答。この中で、「鼻づまり」が集中力低下の一番の要因と考える人は58.4%でした。さらに、これまでに花粉症のせいで起こ したと思われる最大の失敗は?」という質問には、「花粉症による睡眠不足のため寝坊し、顧客との重要な会議に遅刻し、プロジェクトから外された。」、「面 接の時に花粉症から来る鼻づまりのせいでボーッとしてしまい不採用になった。」などといった手痛い失敗や、 「睡眠不足で居眠り運転をすることがある」、「ボーとしていて、車を駐車場に入れる時、バックしていてぶつけてしまった」など、大きな事故につながりかね ない運転中のトラブルに関する回答も寄せられました。

※調査結果は「ブリーズライト」のウェブサイト(http://hanahiraku.jp) からもご覧になれます。

調査方法:
インターネットモニターから、【花粉症】かつ【その症状として鼻づまりが最もつらい】と感じているサンプルを抽出し、インターネット上で調査を実施。(調査期間:2009年2月7日〜2月8日)


製品概要:
貼った瞬間、鼻孔を拡げて、鼻の通りをラク〜に。「ブリーズライト」
鼻孔拡張テープ「ブリーズライト」は、鼻の上に貼るだけで、プラスチックバーの反発力で鼻孔を拡げ、鼻の通りをよくします。薬剤を使用せず、物理的に鼻孔を拡げて呼吸をラクにして、貼るだけですぐに効果を感じることができます。

つぶやく
関連ニュース
セ睡眠不足のサインに注意
セ睡眠障害が危険な不整脈のリスクに関連
セ上手に眠りにつくコツ
関連ワードで検索
花粉症睡眠ブリーズライトグラクソ・スミスクライン株式会社鼻孔拡張テープ
ソ今週のアクセスランキング
1.ワイルドローズの優美な香りのバスソルト「クナイプ グーテバランス バスソルト ワイルドローズの香り」発売
2.診療困難な「うつ病・双極性障害」にも対応/三田こころの健康クリニック
3.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
4.下田智久新理事長による新体制始動
5.糖質70%以上オフのパンの詰め合わせを発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO