健康美容NEWSモバイル
プレスリリース

温州みかんエキスで肥満・糖尿病の改善効果を実証


[2008/10/29]
アークレイ株式会社(本社:京都市中京区、以下、アークレイ)は、肥満・糖尿病マウスを用いた摂取試験によりβ−クリプトキサンチンが糖・脂質代謝異常を改善し、その一部が脂肪組織におけるPPARγ活性抑制作用によるものであることを見出し、その研究成果を第29回日本肥満学会(10月17日〜18日開催)にて発表いたしました。 【研究の概要】アークレイは2006年6月より機能性素材事業に参入し、β−クリプトキサンチン(β-CRP)を高含有した食品原料である温州みかんエキス「クリプトベータ(商品名)」について各種展示会を通じて、情報提供を行っております。 このたび、肥満・糖尿病マウスを用いた試験においてβ−クリプトキサンチンの糖・脂質代謝改善作用について、京都大学大学院農学研究科 河田照雄教授、独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹研究所 矢野昌充先生とアークレイの共同研究成果を第29回日本肥満学会(大分)にて発表を行いました。 本発表では、肥満・糖尿病モデルマウスにβ−クリプトキサンチンを摂取させたところ、脂肪組織重量の減少傾向が認められ、さらに脂肪組織においてPPARγ標的遺伝子発現を減少させ、脂肪細胞のサイズが小さくなることを確認いたしました。また、β−クリプトキサンチンの摂取により絶食時血糖値低下作用を示し、経口糖負荷試験結果から、耐糖能改善効果を有することを確認いたしました。これらの結果からβ−クリプトキサンチンは糖・脂質代謝異常の改善作用を有し、その一部は脂肪組織におけるPPARγ活性抑制によるものであることが示唆されました。 今回の成果を含むこれまでの研究により、近年疫学調査を中心に種々の健康機能が見出されているβ−クリプトキサンチンについて当社ではメタボリックシンドローム予防の観点において、細胞および動物試験での基礎的な作用機構の解明から、ヒトでの飲用試験を通してその有用性を見出しました。 今後は、β−クリプトキサンチンを含む食品素材である「クリプトベータ」により、人々の健康な生活づくりに貢献していきます。
つぶやく
関連ニュース
セ男性型脱毛症と低身長に遺伝的な関連
セ3/22 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉[日清ファルマ]等 追加3製品を公表)/消費者庁
セハラール製品の輸送を実施 宗教洗浄した鉄道コンテナを利用/日本通運(日通)
ソ今週のアクセスランキング
1.東日本大震災にともなう上場企業の被害状況を発表
2.イミュ / アンダーヘア用トリートメントが水着シーズンに向け好調
3.扁桃やアデノイド摘出術後の症状を和らげる
4.業務用の新ブランド「KALAHARI(カラハリ)」3月から発売
5.ヤクルト「きになる野菜100 紫野菜ミックス」を新発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO