健康美容NEWSモバイル
プレスリリース

「薬事法施行規則等の一部を改正する省令案」に関する意見の募集について


[2008/10/07]
健康食品や医薬品などをインターネットで販売する Eコマース(以下、EC)サイト「ケンコーコム」(http://www.kenko.com)を運営する ケンコーコム株式会社(代表取締役:後藤玄利)は、9月17日に厚生労働省より発表、 同時にパブリックコメントの募集が開始された 『薬事法施行の一部を改正する省令案』(以下省令案)について、 本日パブリックコメントを提出しました。 9月17日に厚生労働省より発表された、省令の制定に先立つ省令案では、 『郵便その他の方法による医薬品の販売等【法第9条、第11条、第38条、新法第29条の2関係】』(省令案p14)において、 薬局販売者、または店舗販売者は『第三類医薬品以外の医薬品を販売し、又は授与しないこと。』(同p14)と 明記されています。 これは現在インターネット等を通じて購入ができている、解熱鎮痛剤や風邪薬、胃腸薬、 水虫薬、妊娠検査薬、および漢方薬など大半の医薬品は 今後一切購入が出来なくなることを意味しています。 現在既に医薬品をインターネットで購入している消費者にとっては、大きな問題です。 そのため、ケンコーコムは省令案に記されている、薬局販売者、 または店舗販売者は『 第三類医薬品以外の医薬品を販売し、又は授与しないこと。』(同p14)の 部分についての削除を求め、以下の理由を提示しました。 1:店舗へと出向くことが出来ない消費者にとって、 当社は必要不可欠な医薬品購入手段である。 また当社でインターネットを通じて購入したことを理由とする、 医薬品使用に関する問題は発生していない。 2:情報提供については、質・量ともに店頭での説明と同等、 またはそれ以上に詳細な情報提供をインターネット上にて実施の上、販売している。 3:購入に羞恥を伴うような医薬品の購入時には、 自宅で商品情報を確認できるインターネット上での購入のほうが、 店頭よりも情報を確実に認識した上で購入が可能である。 4:豊富な品揃えの中から、消費者は本当に必要としている医薬品を選択し、購入可能である。 5:医薬品の購入が即時に伴わなくても、薬剤師にメールや電話、フォームなどでじっくり相談をし、 必要な医薬品について納得行くまで情報を得ることができる。その後であらためて医薬品購入が可能。 現在、ケンコーコムでは、大部分の医薬品がインターネットで購入できなくなる可能性を示唆した 上記省令案に関する認知度の向上を図り、特設ページを公開しています。 『ネットで薬が買えなくなる!?』 http://www.kenko.com/info/notice/otc/public_comment.html ケンコーコムは今後も、これまで継続して取り組み続けてきた、 対面の原則を担保し、安全・安心な医薬品のインターネット販売に関する より一層の理解促進を図ります。 また、将来にわたって医薬品のインターネット販売の可能性を断ち切りかねない本省令案に対し、 医薬品の安全・安心なインターネット販売を通じ、 一般用医薬品をリスク分類に関わらずインターネットで購入できる環境を目指し、活動を続けてまいります。 【ケンコーコムの概要】(http://www.kenko.com/) 2000年5月にスタートした健康食品、医薬品、健康機器など健康関連商品のECサイト。 取扱商品数10万点以上(2008年10月現在)。2004年6月に東証マザーズ上場。
つぶやく
関連ニュース
セ「@cosmeビューティアワード 2016」12 月 1 日発表/アイスタイル
セ「スペチアーレ セラムヘアオイル」を発売/ノエビア
セ調剤薬局事業(11店舗)を展開する東邦調剤を子会社化に/ココカラファイン
ソ今週のアクセスランキング
1.「駅からはじめるヘルスケア」実証事業の開始について/ジェイアール東日本企画
2.姿勢専用マッサージチェア登場
3.輸入食品に対する検査命令の実施について (米国産セロリ及びその加工品)
4.本格派岩盤浴マットを新発売
5.大学発“知の見本市”が閉幕
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO