健康美容NEWSモバイル
プレスリリース

企業の健康づくり,生活習慣病・メタボリック症候群対策等の実態


[2008/06/05]
健康づくり,生活習慣病・メタボリック症候群対策については, 1000人以上の大手では約8割(80.9%)が「実施している」のに対し,300〜999人は52.4%,300人未満では23.1%と,大手での取り組みが進む一方,中小企業との格差が大きいことが明らかになっている。民間調査機関の(財)労務行政研究所(理事長:矢田敏雄,東京都港区東麻布1−4−2)では,このたび企業の健康づくり,生活習慣病・メタボリック症候群対策と人間ドック補助に関する調査結果をまとめた。 これによると,健康づくり,生活習慣病・メタボリック症候群対策については, 1000人以上の大手では約8割(80.9%)が「実施している」のに対し,300〜999人は52.4%,300人未満では23.1%と,大手での取り組みが進む一方,中小企業との格差が大きいことが分かる。具体的な実施内容(複数回答)をみると,1位は「法定の定期健康診断実施項目に加え,生活習慣病健診を実施している」(46.6%),2位「ウォーキングイベントなど健康づくりのためのイベントを実施している」(39.1%),3位「スポーツクラブの利用補助,または法人会員として加入している」(38.3%)などである。 また,併せて調べた「人間ドックの費用補助」については, 「制度あり」は72.8%と,7割強の企業が人間ドックに対する費用補助を実施している。規模別にみると,1000人以上84.3%,300〜999人76.8%,300人未満55.7%と,大手ほど多い。制度の実施主体は,「健保のみ」が一番多く53.3%と過半数を占めるが,「会社+健保」も27.8%あり,次いで「会社のみ」13.3%の順となっている。※ 本調査の詳細は弊所編集の『労政時報』第3727号(08.6.13)で紹介します。○本プレスリリースに関するお問い合わせ先(財)労務行政研究所『労政時報』編集部 担当:園田裕彦 TEL:03-3586-2100(編集部調査室 直通)○財団法人 労務行政研究所の概要◆設立:1930年7月◆理事長:矢田敏雄◆事業内容:人事・労務の専門情報誌『労政時報』をはじめとした実務情報誌や書籍の編集・出版,関連の調査,研究,セミナーの開催,人事制度のコンサルティングなど◆住所:〒106-0044 東京都港区東麻布1-4-2◆URL:https://www.rosei.or.jp/
つぶやく
関連ニュース
セ5/26 機能性表示食品の届出情報(富山のグルコサミン 七転び八起き[富山常備薬グルー])等 追加8製品を公表/消費者庁
セ 5/26 機能性表示食品の届出情報(富山のグルコサミン 七転び八起き[富山常備薬グループ])等 追加8製品を公表/消費者庁
セADHDの人は個人競技よりも団体競技を好む傾向
ソ今週のアクセスランキング
1.中高年の仕事と運動に関する意識調査を実施/ファンケル
2.弘前大学に寄附講座を設置/一丸ファルコス
3.夕方の試合には朝寝坊の選手が有利
4.『10分で10歳若返る!かづきメイク究極テク』/マキノ出版
5.パイナップル由来グルコシルセラミドの経口摂取による皮膚機能改善効果を講演/丸善製薬
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO