健康美容NEWSモバイル
プレスリリース

企業の健康づくり,生活習慣病・メタボリック症候群対策等の実態


[2008/06/05]
健康づくり,生活習慣病・メタボリック症候群対策については, 1000人以上の大手では約8割(80.9%)が「実施している」のに対し,300〜999人は52.4%,300人未満では23.1%と,大手での取り組みが進む一方,中小企業との格差が大きいことが明らかになっている。民間調査機関の(財)労務行政研究所(理事長:矢田敏雄,東京都港区東麻布1−4−2)では,このたび企業の健康づくり,生活習慣病・メタボリック症候群対策と人間ドック補助に関する調査結果をまとめた。 これによると,健康づくり,生活習慣病・メタボリック症候群対策については, 1000人以上の大手では約8割(80.9%)が「実施している」のに対し,300〜999人は52.4%,300人未満では23.1%と,大手での取り組みが進む一方,中小企業との格差が大きいことが分かる。具体的な実施内容(複数回答)をみると,1位は「法定の定期健康診断実施項目に加え,生活習慣病健診を実施している」(46.6%),2位「ウォーキングイベントなど健康づくりのためのイベントを実施している」(39.1%),3位「スポーツクラブの利用補助,または法人会員として加入している」(38.3%)などである。 また,併せて調べた「人間ドックの費用補助」については, 「制度あり」は72.8%と,7割強の企業が人間ドックに対する費用補助を実施している。規模別にみると,1000人以上84.3%,300〜999人76.8%,300人未満55.7%と,大手ほど多い。制度の実施主体は,「健保のみ」が一番多く53.3%と過半数を占めるが,「会社+健保」も27.8%あり,次いで「会社のみ」13.3%の順となっている。※ 本調査の詳細は弊所編集の『労政時報』第3727号(08.6.13)で紹介します。○本プレスリリースに関するお問い合わせ先(財)労務行政研究所『労政時報』編集部 担当:園田裕彦 TEL:03-3586-2100(編集部調査室 直通)○財団法人 労務行政研究所の概要◆設立:1930年7月◆理事長:矢田敏雄◆事業内容:人事・労務の専門情報誌『労政時報』をはじめとした実務情報誌や書籍の編集・出版,関連の調査,研究,セミナーの開催,人事制度のコンサルティングなど◆住所:〒106-0044 東京都港区東麻布1-4-2◆URL:https://www.rosei.or.jp/
つぶやく
関連ニュース
セ男性型脱毛症と低身長に遺伝的な関連
セ3/22 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉[日清ファルマ]等 追加3製品を公表)/消費者庁
セハラール製品の輸送を実施 宗教洗浄した鉄道コンテナを利用/日本通運(日通)
ソ今週のアクセスランキング
1.汗が過剰に出る理由は?
2.漢方生薬製剤に用いる原料生薬の放射性物質検査検査方法のガイドライン
3.扁桃やアデノイド摘出術後の症状を和らげる
4.東日本大震災にともなう上場企業の被害状況を発表
5.アロマオイルが癒しの加湿efeel”加熱式加湿器SHM-400T”を発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO