健康美容NEWSモバイル
プレスリリース

手軽に低予算でHACCP(ハサップ)に取り組める衛生管理支援サービスを開始/協和医療器


[2018/06/13]
手軽に低予算でHACCP(ハサップ)に取り組める衛生管理支援サービスを開始/協和医療器

株式会社協和医療器は、誰でも手軽に低予算でHACCP(ハサップ)に取り組める衛生管理支援サービス「K-HACCP」を開始しました。

■背景■
衛生水準を高めようとしても、人手・予算・的確な衛生指導を行える人材の不足などの理由により、具体的な対応に悩む企業様も少なくはありません。協和医療器はこうした状況をサポートするため、ホテルや飲食店を始めとする食品を扱う施設に向けて、「衛生管理支援サービス K-HACCP」を開始しました。

■医療分野での経験を軸にサービスを構築■
協和医療器は創業以来、病院やクリニックなど多くの医療機関を支えてきました。
近年注目される「予防医療」の視点に立ち、病気の予防について広く考えたとき、「食が作られる環境の見直し」は重要な取り組みとなることに着目いたしました。例えば、食中毒やノロウイルスのリスク予防などに対しても、医療の世界で培ってきた知見と経験を活かし、食を提供する現場の衛生管理をサポートします。

■衛生管理の「日々の継続」を重視し、労力の大きな文書化・記録、認証取得もサポート■
協和医療器が提供する衛生管理は「日々の継続」を重視した基本姿勢が特徴です。
経験を積んだ衛生管理の専門家が、対象施設の現状調査とヒアリングを行い、現場のスタッフと分かりやすい十分な協議を行った上で、フローダイアグラムの作成やハザード分析をサポートするので、実際の運用が伴う総合的視点の衛生管理マニュアルが構築されます。

その後は、毎月の定期訪問を原則に食品衛生監査を継続し、ふき取り検査、ATP検査などの数字データに基づく衛生指導を頻度高く行うため、PDCAがきちんと機能します。

協和医療器では検査機関も所有しており、ノロウイルス検査、検便検査、食材検査などの菌検査にも対応が可能です。さらには衛生機材や衛生備品も取り扱っているため、衛生指導(コンサルティング)、菌検査、機材、消耗品販売など、衛生管理の一本化が可能となるため、現場の効率性が向上することも特徴の1つです。


【詳細は下記URLをご参照ください】
・株式会社協和医療器/PRTIME 2018年6月12日発表
・株式会社協和医療器 ホームページ

つぶやく
関連ニュース
セ奈良県HACCP自主衛生管理認証(ならハサップ)を取得/米田兄弟社
セポリソルベートの製造でHACCPの認証を取得/日光ケミカルズ(ニッコールグループ)
セ食品製造におけるHACCPによる工程管理の普及のための検討会を開催/厚生労働省
関連ワードで検索
HACCP
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.ポーラ化粧品 / 毎日の元気をサポートする即効パワーアップドリンクを発売
3.10/19 機能性表示食品の届出情報(グルコサミン1600/グルコサミン塩酸塩《井藤漢方製薬》)等[追加7製品 / 合計1,535製品]/消費者庁
4.独自素材「ヒアルモイスト乳酸菌TM」の皮膚にヒアルロン酸を作らせる効果、紫外線ダメージの軽減効果を発見/日清食品HD
5.特定商取引法違反の連鎖販売業者及び勧誘者(5名)に対する業務停止命令(9か月及び3か月)と指示処分について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO