健康美容NEWSモバイル
プレスリリース

酸化型コエンザイム Q10 に関する米国特許侵害訴訟における和解について/カネカ


[2017/11/10]

株式会社カネカは、2011(平成 23)年 3 月の訴訟提起以来、カリフォルニア州中部地区連邦地方裁判所において、Xiamen Kingdomway Group Company、Pacific Rainbow International Inc.及び Shenzhou Biology and Technology Co., Ltd.を相手方として、酸化型コエンザイム Q10(商品名;KanekaQ10TM)に関する同社の米国特許第 7,910,340 号に対する特許侵害を争っていました。

2014(平成 26)年 4 月には、相手方の申立てによる略式判決によって同社の申立てが棄却されたことから、2015(平成 27)年 6 月には、連邦巡回控訴裁判所へ控訴し勝訴したため、同地方裁判所での訴訟が継続しておりました。

今般、相手方の1社である Shenzhou Biology and Technology Co., Ltd.と同訴訟において和解し、今後の事業展開において両社が包括的な提携を進めることで合意しました。

和解により、北米において同社が Shenzhou Biology and Technology Co., Ltd.の酸化型コエンザイム Q10 の販売を実施すること、また中国において Shenzhou Biology and TechnologyCo., Ltd.が同社還元型コエンザイム Q10 製剤の販売を実施することを、進めてまいります。

株式会社カネカは和解により、北米における酸化型コエンザイム Q10 マーケットシェアの拡大と中国における還元型コエンザイム Q10 市場の拡大を進めます。

なお、訴訟における Xiamen Kingdomway Group Company、Pacific RainbowInternational Inc.及びテキサス州南部地区連邦地方裁判所における Zhejiang Medicine Co.Ltd 及び ZMC-USA, LLC に対しては、訴訟を継続します。


【詳細は下記URLをご参照ください】
・株式会社カネカ 2017年11月9日【PDF】発表
・株式会社カネカ 公式サイト

つぶやく
関連ワードで検索
酸化型コエンザイム
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.株式会社ミス・パリ/エステティック業界初 東京大学とミスパリ 共同研究開始
3.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
4.簡単・もちもち・栄養up! カナダ産オーツ麦から生まれた「ライスオーツ」を新発売/スタースーパーフーズ・インターナショナルジャパン
5.クロセチンが紫外線により誘発される肌炎症を抑制することを確認/理研ビタミン
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO