健康美容NEWSモバイル
プレスリリース

微細藻類ユーグレナ含有食品の摂取による 便秘改善効果を示唆する研究結果を確認/ユーグレナ


[2017/09/12]

株式会社ユーグレナは、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)含有食品の摂取により、ヒトにおいて便秘が改善する可能性を示唆する研究結果を確認しました。

便秘は、食生活が多様化した現代において、多くの人々が抱えている健康状態に関する悩みの一つです。今回の試験では20歳以上60歳未満の女性を対象に、プラセボ食※1とユーグレナの含有量を変化させた試験食を期間ごとに順番に摂取してもらい、各試験食の摂取期間中の排便回数、排便量、排便日数を測定しました。

その結果、プラセボ食を摂取している期間と比べて、ユーグレナ含有食品を摂取した期間では排便回数、排便量、排便日数が有意に増加することが確認されました。なお、本研究結果はライフサイエンス出版「薬理と治療 Vol.45 No.8」に掲載しました。

※1プラセボ食…試験物質の代わりに人体に影響が出にくい物質を配合して、試験食と区別のつかないようにした試験食

今後も同社では、微細藻類ユーグレナのヘルスケア分野での利活用や食材としての付加価値向上を目指した研究開発を行います。

詳細は以下の通りです。

便秘改善効果に関する試験結果について

■研究内容
20歳以上60歳未満の便秘気味の女性を対象に、プラセボ食とユーグレナの含有量が低用量、中用量、高用量の試験食を、期間ごとに順番に摂取する試験を非盲検※2にて実施し、排便回数、排便量、排便日数を測定しました。その結果、ユーグレナ含有食品を摂取した期間では、排便回数、排便量、排便日数が有意に増加することが確認されました。
※2非盲検…試験を行う医師、被験者およびスタッフに試験食の情報が開示されたうえで行う試験

微細藻類ユーグレナ含有食品の摂取による 便秘改善効果を示唆する研究結果を確認/ユーグレナ

■考察
ユーグレナ含有食品の摂取により、排便日数、排便回数、排便量が増加することから、便秘改善に寄与する可能性が示唆されました。

―報道関係者お問い合わせ先―
株式会社ユーグレナ 広報IR課


【詳細は下記URLをご参照下さい】
・株式会社ユーグレナ 2017年9月12日発表
・株式会社ユーグレナ 公式サイト

つぶやく
関連ニュース
セユーグレナ継続摂取による関節リウマチの症状について/ユーグレナ
セサプリ『メディカプラス』シリーズから新商品を発売/ユーグレナ
セオールインワン スキンケアクリームを発売/ユーグレナ
関連ワードで検索
ユーグレナ
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.自己の血液で作る即効型次世代注入剤「PPP」を治療メニューに導入
3.ピクノジェノールが男性不妊治療に有効であることが判明/DKSHジャパン
4.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
5.たるみ専門外来をスタート
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO