健康美容NEWSモバイル
プレスリリース

乳酸菌摂取の保健効果を明らかにする共同研究を開始 〜数万人以上の規模の疫学研究で相関を解明へ〜/東北大学


[2017/07/31]

国立大学法人東北大学東北メディカル・メガバンク機構(機構長 山本 雅之、以下、東北メディカル・メガバンク機構)と株式会社ヤクルト本社(社長 根岸 孝成、以下、ヤクルト)は、乳酸菌摂取による保健効果を明らかにすることを目的とした共同研究を実施します。

同研究では、東北メディカル・メガバンク機構が実施するコホート調査の参加者を対象に、乳酸菌飲料および発酵乳の摂取状況のアンケート調査を2017年8月1日から行います。対象は東北メディカル・メガバンク機構によるコホート調査の詳細二次調査成人参加者(最大約9万人)であり、同意を得られれば、乳酸菌飲料および発酵乳の摂取状況に関するアンケート調査への回答を依頼します。

乳酸菌摂取の保健効果を明らかにする共同研究を開始 〜数万人以上の規模の疫学研究で相関を解明へ〜/東北大学

このアンケートを東北メディカル・メガバンク機構が管理する疾病罹患・生理機能情報、生活習慣情報と合わせて解析することにより、乳酸菌摂取と種々の健康指標の関連を調べ、その保健効果を明らかにすることを目標としています。さらに遺伝情報やオミックス情報などを含めた総合的な解析を行うことにより、東北メディカル・メガバンク計画が目指す「個別化予防」の基盤構築にも貢献します。

この共同研究は平成32年度末までの期間を予定しており、得られたデータは、東北メディカル・メガバンク計画のバイオバンクに格納され、データ整理完了後、一定の解析期間を経て、全国の研究者に分譲され、個別化医療・個別化予防の研究に有効活用される予定です。

問い合わせ先
<共同研究に関すること>
東北大学 東北メディカル・メガバンク機構
予防医学・疫学部門
担当 寳澤 篤(ほうざわ あつし)
電話:022-274-5991

<報道に関すること>
東北大学 東北メディカル・メガバンク機構
広報・企画部門
担当 長神 風二(ながみ ふうじ)
電話:022-717-7908
FAX:022-717-7923

【※詳細は下記URLをご参照下さい】
・東北大学 2017年7月28日【PDF】発表
・東北大学公式サイト

つぶやく
関連ニュース
セ乳酸菌生成エキス「フローラック(flolac)/卸専用」を発売/ビーアンドエス・コーポレーション
セ加熱殺菌乳酸菌素材「BJ-22」を上市/ブロマ研究所
セキリングループがオフィシャル乳酸菌飲料サプライヤーに/読売巨人軍
関連ワードで検索
乳酸菌保健効果
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.株式会社良品計画に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
3.「データヘルス・予防サービス見本市2018」運営事業者を公募/厚生労働省
4.ガセリ菌SP株のRSウイルス感染防御効果を発表/雪印メグミルク
5.16色の赤い口紅を発売/資生堂
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO