健康美容NEWSモバイル
プレスリリース

コエンザイムQ10に体内から放出される加齢臭の抑制効果を世界で初めて発見 /資生堂


[2017/04/06]
コエンザイムQ10に体内から放出される加齢臭の抑制効果を世界で初めて発見 /資生堂

株式会社資生堂は、高い抗酸化作用を持つコエンザイム Q10 に、体表ではなく体内から放出される加齢臭の原因物質ノネナールを抑える効果があることを世界で初めて発見しました。コエンザイム Q10 を 4 週間摂取したところ、肌の内側から放出されるノネナールの濃度が 2〜3 割減少し、加齢臭が顕著に抑制されました。

ヒトで加齢臭の抑制を実証したのは本研究成果が初めてです。コエンザイム Q10 は、ヒト体内の細胞にあるミトコンドリアがエネルギーを作る際に欠かせない成分で、加齢とともに減少することが知られています。この発見をもとに、体が本来もっている若々しさや美しさを応援する美容・健康の研究開発を進めていきます。

■コエンザイム Q10 による加齢臭ノネナール抑制効果
コエンザイム Q10 の加齢臭抑制効果を明らかにするために、コエンザイム Q10 を毎日 100mg(コエンザイムQ10 が豊富に含まれる食材:イワシ 20 匹分に相当)を摂取するグループと摂取しないグループに分けて、加齢臭の濃度を測定しました(図 1)。

コエンザイム Q10を 4 週間摂取したグループでは、肌から放出されるノネナールの濃度が摂取前と比べて 2〜3 割減少し、加齢臭が顕著に抑制されていました(図 2)。コエンザイム Q10 には酸化型と還元型の 2 種類が存在し、どちらもサプリメントとして親しまれています。今回の研究で、酸化型・還元型のどちらにも加齢臭抑制に顕著な効果があることを発見しました。この研究成果は、日本補完代替医療学会誌第 14 巻第 1 号(2017 年)に掲載されました。

■身体の内側から加齢臭を抑える
1999 年に資生堂が加齢臭の原因物質ノネナールを発見して以来、年を重ねると増える皮脂成分(パルミトオレイン酸)が酸化することによって加齢臭成分ノネナールとなることがわかっていました。従来の加齢臭ケアは、余分な皮脂や汗を洗い流すことで加齢臭の発生を抑えると共に、加齢臭を感じにくくする香り(ハーモナージュ香料)を調合した洗浄料や制汗剤を使うなど、外側からの対策が中心でした。

今回の発見により、洗うだけでは防ぎきれないノネナールの発生を、コエンザイム Q10 の摂取で体の内側から抑えられることがわかりました。加齢臭の強さは個人差が大きく、入浴や衣服の洗濯などの生活習慣によっても変化します。また、20〜30 代の方でも偏った食生活などにより加齢臭が生じることから、この知見が幅広い世代の方のニオイのケアに役立つことが期待されます。


【詳細は下記URLをご参照下さい】
・株式会社資生堂 2017年4月5日発表
・株式会社資生堂 公式サイト(企業情報)

つぶやく
関連ニュース
セ機能性表示食品「還元型コエンザイムQ10」を発売/ユアヘルスケア
セ機能性表示食品の届出情報(還元型コエンザイムQ10など 追加4製品を公表)合計86製品に/消費者庁
セ「コエンザイムQ10食品」規格基準および「エラスチン食品」規格基準の改正/日本健康・栄養食品協会(JHNFA)
関連ワードで検索
コエンザイムQ10
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
3.株式会社ミス・パリ/エステティック業界初 東京大学とミスパリ 共同研究開始
4.サマータイム移行が短期的な脳卒中リスク上昇に関連
5.株式会社二期リゾート/内側から元気に、美しくするメニューのお知らせ
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO