健康美容NEWSモバイル
プレスリリース

世界初!飲料用ペットボトルに植物由来原料30%使用したキャップを導入/サントリー食品インターナショナル


[2016/01/12]

サントリー食品インターナショナル株式会社は、植物由来原料を30%使用した飲料用ペットボトルキャップを世界で初めて※1導入します。

世界初!飲料用ペットボトルに植物由来原料30%使用したキャップを導入/サントリー食品インターナショナル

今春、九州熊本工場(熊本県上益城郡)の「サントリー 阿蘇の天然水」(550ml)、年間約2,600万本より導入を開始し、順次「サントリー天然水」ブランドで展開していく予定です。これにより、現行ペットボトルキャップに比べ、石油由来原料の使用量を約3割削減※2し、CO2排出量を21%削減※2することが可能となりました。
同社はこれまでに、「サントリー天然水」(550ml)に植物由来原料を30%使用したペットボトルをすでに採用し、環境負荷低減を目指した取り組みを展開しており、今回の取り組みにより、「サントリー天然水」のボトル・キャップ・ラベル全てで環境に配慮したパッケージを実現します。

サントリーグループは企業理念「人と自然と響きあう」に基づき、最高品質の商品・サービスをお届けするとともに、持続可能な地球環境を次世代に引き継ぐためにさまざまな環境負荷低減活動を行っています。ペットボトル容器に関しては、サントリー独自の「2R+B」戦略に基づき取り組んでいます。

●「2R+B」戦略について
ペットボトル開発において、樹脂使用量の削減と再生素材の使用により徹底した資源の有効利用を図りつつ、可能な範囲で石油由来原料を再生可能原料で代替していく考え方(Reduce・Recycle+Bio)です。Reduce(リデュース)ではボトル本体だけでなく、ラベルやキャップを含めた徹底した軽量化を推進、Recycle(リサイクル)ではわが国で初めてボトル to ボトルのメカニカルリサイクルシステムを構築、Bio(バイオ)では「サントリー天然水」(550ml)に植物由来原料を30%使用したペットボトルをすでに導入しています。

サントリーグループは、これからも、ニーズに合わせた商品開発や容器を取り巻く環境対策に積極的に取り組んでいきます。

※1 2016年1月 同社調べ
※2 「サントリー天然水」(550ml)ペットボトルキャップ1個あたり


【詳細は下記URLをご参照ください】
・サントリー食品インターナショナル株式会社 2016年1月8日発表
・サントリー食品インターナショナル株式会社 ホームページ

つぶやく
関連ワードで検索
ペットボトル植物由来原料
ソ今週のアクセスランキング
1.新しい放射線療法で高齢肺がん患者の生存率が改善
2.睡眠不足でスナックへの欲求が増加、作用機序は大麻と同じ
3.麹菌由来酵素で”モテる”腸作りを提案「酵素環境DXサプリ」発売/ナチュラレーベル
4.ホームページリニューアルに伴い無料モニター募集を開始
5.パロアッスルのAMPK活性化による糖取り込み能向上について特許申請/IHM
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO