健康美容NEWSモバイル
行政ニュース

漢方生薬製剤に用いる原料生薬の放射性物質検査の結果を受けた対応について


[2011/10/17]

日本製薬団体連合会(日薬連)が、漢方生薬製剤の原料に用いる国産生薬の集荷繁忙期(11月以降)を前に、会員への注意喚起や放射能対策強化のため、傘下の日本漢方生薬製剤協会が3月以降に17都県※からの原料生薬の放射性物質を検査してきた状況とその結果を自主的にとりまとめました。

厚労省は、都道府県を通じて全国の医薬品製造業者に日薬連の報告を周知・注意喚起し、医薬品の品質管理を徹底することとしています。

※ 検査計画、出荷制限等の品目・区域の設定・解除の考え方(原子力災害対策本部)による。

(1)日薬連の報告の概要

1.35生薬109検体について、9生薬23検体から放射性セシウムが検出された(うち、食品衛生法の暫定規制値500Bq/kgを超える3生薬9検体)。

2.現在製品化されているものは、3月以前に産出された原料生薬を使用しているため、3月以降17都県の原料生薬は、1製品を除き、製品には使用されていない。その1製品も原料生薬から放射性物質は検出されていない。

※ 出荷された製品は調剤用生薬(ボクソク)1製品(1ロット/200包分)であり、ゲルマニウム半導体検出器で放射性セシウムが検出限界以下

(ND <20Bq/kg)。

(2)厚労省では、日薬連の報告を受け、都道府県宛に以下を通知しました(10月14日付)

1.念のため、全国の医薬品の製造販売業者等に自己点検を求め、3月以降に17都県で産出した原料生薬を用いて製造した医薬品製剤を出荷していたときは、自主的に回収し、厚労省に報告すること。

2.当面、追って通知する予定の適切な放射性物質の検査方法で検出限界以下となった原料生薬のみを医薬品の製造に使用することを徹底するとともに、産出される市町村単位ごとに原料生薬の検査を行うこと。

(参考)医薬品の製造販売業者は、薬事法で義務づけられている製造管理・品質管理の基準(GMP)に基づき、放射性物質が検出されないことを確認する等、仕

入れる原料の品質管理を行う必要があります。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001rnjy-att/2r9852000001rnlo.pdf
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001rnjy-att/2r9852000001rnwm.pdf

つぶやく
関連ニュース
セ200年の歴史を持つの漢方の老舗が、国産野菜を使用した青汁を発売/占部大観堂
セ100%天然由来のスキン、ヘアー、オーラル向けクレンジング化粧品原料を新開発/エボニック ジャパン
セ創業125周年を迎え、一般用漢方製剤全処方のパッケージを刷新/ツムラ
関連ワードで検索
漢方生薬原料放射性物質検査
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
3.特定商取引法違反の連鎖販売業者及び勧誘者(5名)に対する業務停止命令(9か月及び3か月)と指示処分について/消費者庁
4.株式会社ミス・パリ/エステティック業界初 東京大学とミスパリ 共同研究開始
5.「チョコレートは健康によい」は本当か?
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO