健康美容NEWSモバイル
行政ニュース

「ホスピタルダイエット」などと称されるタイ製の向精神薬等を含有する無承認無許可医薬品 による健康被害事例について


[2010/12/13]

ダイエット目的の処方薬として個人輸入されていることが疑われる「ホスピタルダイエット」などと称される製品については、下記のとおり医薬品成分が検出されており、複数の都道府県から健康被害の事例が公表されております。

健康被害が発生するおそれがあるため、このような製品を入手して服用しないで下さい。また、服用により体調異常が現れた場合には、直ちに服用を中止し、医療機関へ受診するとともに、最寄りの保健所にお申し出下さい。

当該品は、購入希望者がインターネットのホームページ等を利用して、身長、体重等を知らせ、海外の病院が処方したものを購入するダイエット薬とされており、主に個人輸入により入手されてます。なお、これらの製品には向精神薬が含有されている場合があり、そのような製品についてはインターネット等により注文する個人輸入であっても、麻薬及び向精神薬取締法で禁じられております。

(平成22年12月13日 藤沢市発表)

製品名: 「MDクリニックダイエット」と称して販売されているもの

形状: 錠剤及びカプセル

(1) 白色と赤色のカプセル(シブトラミンが検出されたもの)

(2) 緑色のカプセル(シブトラミンが検出されたもの)

(3) 濃桃色の錠剤(甲状腺末が検出されたもの)

(4) 薄橙色の錠剤(アルファベット刻印)(DSS(ジオクチルスルホサクシネート)が検出されたもの)

(5) 薄桃色の錠剤(クロルフェニラミンが検出されたもの)

(6) 青色と水色のカプセル(フルオキセチンが検出されたもの)

健康被害(疑い):動悸、嘔吐、息切れ、歩行困難、食欲不振、意識障害、薬剤性甲状腺機能低下症1例

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/diet/jirei/030902-1.html

つぶやく
関連ニュース
セ医薬品成分が検出された健康食品について/大阪府
セ医薬品成分を含有する製品の発見について/東京都(福祉保健局)
セダイエットとリバウンドの繰り返しは高齢女性の心臓に悪い
関連ワードで検索
ダイエット厚労省健康被害医薬品成分
ソ今週のアクセスランキング
1.赤い服を着た男性は攻撃的だとみられやすい可能性
2.赤い服を着た男性は攻撃的だとみられやすい可能性
3.赤い服を着た男性は攻撃的だとみられやすい可能性
4.便通を改善する特定保健用食品の粉末緑茶が新発売
5.赤い服を着た男性は攻撃的だとみられやすい可能性
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO