健康美容NEWSモバイル
行政ニュース

化粧品のナノテクノロジーに関する ICCRアドホックワーキンググループの報告 :基準及び特性解析方法


[2010/11/08]

化粧品のナノテクノロジーに関する ICCRアドホックワーキンググループの報告

:基準及び特性解析方法

第4回化粧品規制協力国際会議(ICCR)

カナダ、トロント

2010年7月14日

Jay Ansell*1、Robert Bronaugh2、Luisa K. Carter3、Qasim Chaudhry4、Mark Lafranconi5、Tetsuji Nishimura6、Florian Schellauf7、Homer Swei8、Ian Tooley9

(本ガイダンスについて)

本ガイダンスは、ICCRの作業により作成されたものであり、化粧品に利用されている特定の物質が、配慮すべきナノマテリアルかどうかを判断する際の指標となることを意図したものです。

また、このガイダンスは、関係者にICCRナノテクノロジーのアドホックワーキンググループの報告書を参考情報として提供しているものであり、内容については、未だ厚生労働省、カナダ厚生省、ヨーロッパ委員会及び米国食品医薬品庁の間で合意されているものではないことを念のため、申し添えます。

* Corresponding Association

1 Personal Care Products Council, 1101 17th St. NW, Washington, DC 20036, USA

2 Office of Cosmetics and Colors, FDA, 5100 Paint Branch Parkway, College Park, MD 20740, USA

3 Health Canada, MacDonald Building, 123 Slater St, Ottawa, Ontario K1A 0K9 Canada

4 The Food and Environment Research Agency, Sand Hutton, York YO41 1LZ, United Kingdom

5 Procter & Gamble, Miami Valley Innovation Center, 11810 East Miami River Road, Cincinnati, OH 45252, USA

6 National Institute of Health Sciences, 1-18-1 Kamiyoga, Setagaya-Ku, Tokyo 158-8501, Japan

7 COLIPA , Avenue Herrmann-Debroux 15 A, 1160 Brussels, Belgium

8 Johnson & Johnson, Inc., 199 Grandview Road, Skillman, NJ 08558, USA

9 Croda International, Foundry Lane, Widnes, Cheshire WA8 8UB England

http://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/keshouhin/dl/keshouhin-e.pdf

つぶやく
関連ニュース
セ薬用化粧品「リンクルショット」海外で発売開始/ポーラ
セin-cosmetics global 2018 でシルバー賞受賞/日光ケミカルズ
セ100%天然由来のスキン、ヘアー、オーラル向けクレンジング化粧品原料を新開発/エボニック ジャパン
関連ワードで検索
化粧品ナノ解析OEM
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.「チョコレートは健康によい」は本当か?
3.株式会社ミス・パリ/エステティック業界初 東京大学とミスパリ 共同研究開始
4.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
5.株式会社二期リゾート/内側から元気に、美しくするメニューのお知らせ
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO