健康美容NEWSモバイル
行政ニュース

自殺・うつ対策の経済的便益(自殺やうつによる社会的損失)


[2010/09/08]

この推計は、長妻厚生労働大臣の指示により、国立社会保障・人口問題研究所(社会保障基礎理論研究部金子能宏部長・佐藤格研究員)に依頼して行われたものです。

推計結果のポイント

自殺やうつ病がなくなった場合の経済的便益(自殺やうつによる社会的損失)の推計額は、

(1) 2009年の単年度で約2.7兆円

(2) 2010年でのGDP引き上げ効果は約1.7兆円

となった。

(注)単年度の推計額は、その年に自殺で亡くなった方が亡くなられずに働き続けた場合に得ることが出来る生涯所得と、うつ病によって必要となる失業給付・医療給付等の減少額の合計。

自殺・うつ対策の経済的便益(自殺・うつによる社会的損失)の推計の概要(PDF:KB)

つぶやく
関連ニュース
セ認知行動療法よりも簡単・安価なうつ病治療法
セ仕事依存症の人は精神障害になりやすい?
セオメガ-3脂肪酸が抗うつ薬の効果を向上させる可能性
関連ワードで検索
うつ経済調査
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.ほうれん草由来のスーパーフード「チラコイド」販売開始/チラコイド
3.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
4.軟骨と筋肉に役立つ食品成分の組み合わせが中高年の通常歩行速度を上昇させることを確認/サントリーウエルネス
5.厚労省 / アガリクス製品2品目、発がん促進作用は認められず安全
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO