健康美容NEWSモバイル
行政ニュース

自殺・うつ対策の経済的便益(自殺やうつによる社会的損失)


[2010/09/08]

この推計は、長妻厚生労働大臣の指示により、国立社会保障・人口問題研究所(社会保障基礎理論研究部金子能宏部長・佐藤格研究員)に依頼して行われたものです。

推計結果のポイント

自殺やうつ病がなくなった場合の経済的便益(自殺やうつによる社会的損失)の推計額は、

(1) 2009年の単年度で約2.7兆円

(2) 2010年でのGDP引き上げ効果は約1.7兆円

となった。

(注)単年度の推計額は、その年に自殺で亡くなった方が亡くなられずに働き続けた場合に得ることが出来る生涯所得と、うつ病によって必要となる失業給付・医療給付等の減少額の合計。

自殺・うつ対策の経済的便益(自殺・うつによる社会的損失)の推計の概要(PDF:KB)

つぶやく
関連ニュース
セ打消し表示に関する実態調査報告書の公表について/消費者庁
セ認知行動療法よりも簡単・安価なうつ病治療法
セ仕事依存症の人は精神障害になりやすい?
関連ワードで検索
うつ経済調査
ソ今週のアクセスランキング
1.米ガイドライン、60歳以上の降圧薬処方基準を緩和
2.「マジックマッシュルーム」でがん患者の絶望感を緩和
3.平成25年度における景品表示法の運用状況及び表示等の適正化への取組/消費者庁
4.エコサート認証取得 全世界で年間500万個以上消費『 ナーブルスソープ 』日本初上陸
5.ステロイド成分を含有する不良化粧品の発見について/東京都福祉保健局
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO