健康美容NEWSモバイル
行政ニュース

食品表示に関する一元的な法体系のあり方ワーキングチームの設置について


[2010/04/23]

平成22年4月22日

消費者庁

食品表示に関する一元的な法律の制定など法体系のあり方について、JAS法、食品衛生法、健康増進法等の食品表示の関係法令を統一的に解釈・運用するとともに、現行制度の運用改善を行いつつ問題点等を把握し、検討を進めるため、消費者庁に「食品表示に関する一元的な法体系のあり方ワーキングチーム」を設置する。

1.構成員

<チームリーダー> 泉大臣政務官

<チームリーダー補佐> 消費者庁次長

消費者庁審議官(企画調整部門担当)

消費者庁審議官(執行部門担当)

消費者庁参事官(法令審査・企画担当)

政策調整課長

消費者安全課長

表示対策課長

食品表示課長

2.当面の検討項目

(1) 食品表示に関する一元的な法律の制定に向け、関係法令を統一的に運用するための問題点を把握した上で、個別課題への対応を含む総合的な検討の進め方の整理、具体的なスケジュールの策定等

(2) 諸外国における食品表示制度の情報収集、国際的なルールとの整合性の確認等

(3) 食品表示に係る執行に関する情報収集等

3.今後の進め方

・ 消費者基本計画では、平成22年度から検討を開始し、平成23年度以降、検討結果を踏まえ、食品表示に関する一元的な法律の制定など必要な措置を講ずることとしたところ。

・ 本ワーキングチームにおいては、

(1)食品表示に関する諸外国の制度や国際ルールについての情報収集

(2) 有識者や関係団体からのヒアリング

(3) 執行現場における実態の把握等を行いつつ、検討を進めることとする。

http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin277.pdf

問い合わせ先

消費者庁食品表示課 担当:平中

TEL:03−3507−9222(直通)

つぶやく
関連ニュース
セ食品表示の適正化に向けた取組について/消費者庁
セ「熊本県熊本地方を震源とする地震を受けた食品表示制度の弾力的運用について」におけるアレルギー表示等の取扱いについて/消費者庁
セライオン株式会社に対する健康増進法に基づく勧告について/消費者庁
関連ワードで検索
消費者庁食品表示健康増進法
ソ今週のアクセスランキング
1.クレアボーテ / 「ベルサイユのばら入浴料」が4種合わせて累計22万個販売の人気に
2.非ES細胞を用いて健常マウスを作製
3.砂糖や水飴を水溶性食物繊維に置き換える特許技術の発明「糖質90%オフのど飴」を発売/森永製菓
4.機能性表示食品「カナダ ドライ ジンジャーエール プラス」/コカ・コーラ
5.日本健康・栄養食品協会/2製造所を当協会健康補助食品GMP適合製造所として認定
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO