健康美容NEWSモバイル
行政ニュース

医療機関におけるインフルエンザの集団発生にかかる注意喚起について


[2009/01/17]

この度、都内の医療機関において、入院患者及び職員の間でインフルエンザの集団発生があり、入院患者の3名が亡くなられました。

都は、当該医療機関に対して適切な対応と今度の再発防止の徹底を指導するとともに、都内各医療機関に対して、院内感染防止の徹底に取り組むよう、本日付で注意喚起を行うこととしたのでお知らせします。

集団発生の状況
1 医療機関名

医療法人財団明理会 鶴川サナトリウム病院

2 所在地

町田市真光寺町197番地

3 施設管理者

日野研一郎

4 罹患状況

入院患者 75人(内3名死亡、現在の有熱者30人)
病院職員 24人(現在の有熱者2人)
(1月17日現在)

つぶやく
関連ニュース
セIHI とUMN ファーマよりUNIGENの全株式を譲受したことのお知らせ/アピ
セ産学連携の共同開発でインフルエンザの予防効果のあるシナモンを使用したマスクの開発に成功、実用化へ/常磐植物化学研究所
セインフルエンザ予防接種の必要な人
関連ワードで検索
インフルエンザ
ソ今週のアクセスランキング
1.クレアボーテ / 「ベルサイユのばら入浴料」が4種合わせて累計22万個販売の人気に
2.米ガイドライン、60歳以上の降圧薬処方基準を緩和
3.「マジックマッシュルーム」でがん患者の絶望感を緩和
4.ステロイド成分を含有する不良化粧品の発見について/東京都福祉保健局
5.家庭用医療機器 訪問販売業者に業務一部停止命令/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO