健康美容NEWSモバイル
行政ニュース

医療機関におけるインフルエンザの集団発生にかかる注意喚起について


[2009/01/17]

この度、都内の医療機関において、入院患者及び職員の間でインフルエンザの集団発生があり、入院患者の3名が亡くなられました。

都は、当該医療機関に対して適切な対応と今度の再発防止の徹底を指導するとともに、都内各医療機関に対して、院内感染防止の徹底に取り組むよう、本日付で注意喚起を行うこととしたのでお知らせします。

集団発生の状況
1 医療機関名

医療法人財団明理会 鶴川サナトリウム病院

2 所在地

町田市真光寺町197番地

3 施設管理者

日野研一郎

4 罹患状況

入院患者 75人(内3名死亡、現在の有熱者30人)
病院職員 24人(現在の有熱者2人)
(1月17日現在)

つぶやく
関連ニュース
セ生まれ年から鳥インフルエンザの重症化リスクを予測可能?
セ女性はインフルエンザに対する防御力が高い可能性
セユーグレナの継続摂取でインフルエンザ症状の緩和を示唆する研究結果を確認/ユーグレナ
関連ワードで検索
インフルエンザ
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
3.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.働く女性の髪の悩みが大きく変化する年代は?
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO