健康美容NEWSモバイル
行政ニュース

まつ毛エクステンションに関する安全性の確保について


[2010/02/18]

平成22 年2月17 日

消費者庁

まつ毛エクステンションに関する安全性の確保について

まつ毛エクステンションに関する消費者事故等については、平成21 年12月8日付けで関係行政機関等から消費者庁に重大事故等として1件通知されております。

また、近年、本施術を受けた方々が消費生活センター等に対して、まぶたや目などの健康被害に関する相談を行う事例が増加していることから、今般、独立行政法人国民生活センターはまつ毛エクステンションにおける危害事例を分析し、その問題点や消費者へのアドバイス等をとりまとめました。※

この中には、有資格者(美容師)でない者が違法にまつ毛エクステンションの施術をしていると思われる相談事例等が報告されていること、目や目元に生じた危害は重大な消費者事故等(角膜炎や角膜潰瘍等)につながるおそれがあることから、消費者庁としては、まつ毛エクステンションに関する安全性の確保策を講じるよう、別添のとおり、厚生労働省に要請しました。

※ 独立行政法人国民生活センターは、平成22 年2 月17 日付けで、「まつ毛エクステンションの危害」について記者公表しました。

<まつ毛エクステンションを受けられる方へ>

まつ毛エクステンションは、接着剤など化学物質を目の近くで使うなど、安全性に十分な配慮がなされなければ、目などに大きな負担を伴う行為であり、まぶたや目などに健康被害を招くおそれがあります。まつ毛エクステンションを受けられる方は、この施術に伴う負担等について事前に理解し、万が一問題が発生したら、ただちに診察を受けましょう。

また、施術には資格(美容師)が必要であり、施術を予約する際などに、施術者が美容師であることを事前に確認しましょう。

問い合わせ先

消費者庁政策調整課

太齊、小泉

電話:03-3507-9261

http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf/100217adjustments_1.pdf

つぶやく
・関連ニュース
平成29年度機能性表示食品の届出後における分析実施状況及び健康被害の情報収集等に関する調査・検証事業報告書を発表/消費者庁
板東消費者庁長官記者会見要旨(機能性表示食品について)/消費者庁
後を絶たない、まつ毛エクステンションの危害/国民生活センター
・関連ワードで検索
消費者庁まつ毛エクステンション
・今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.1日11時間以上座る人では死亡リスクが40%以上増大
3.ストレスチェック義務化に対応したメンタル対策強化支援サービスを開始/キヤノンマーケティングジャパン
4.日本初の”体形百貨店”をオープン
5.2018年上半期トレンド予測 「ジャパニーズスーパーフード」 ランキングTOP10を発表/日本スーパーフード協会
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO