健康美容NEWSモバイル
行政ニュース

米国産牛肉の混載事例について


[2009/10/14]

平成21年10月10日

厚生労働省
農林水産省
米国産牛肉の混載事例について

10月9日、輸入業者から港区保健所に対して、9月16日に輸入した米国産牛肉に、米国農務省発行の衛生証明書に記載のないものが1箱混載されていたとの連絡がありました。
厚生労働省及び農林水産省は、当該施設から出荷された貨物の輸入手続を停止するとともに、米国農務省に対し、直ちに詳細な調査を要請しました。

厚生労働省及び農林水産省では、今後の対応について直ちに検討することとしています。

1.10 月9日、輸入業者から港区保健所に対して、9月16日に輸入した米国産牛肉732箱に、米国農務省発行の衛生証明書に記載のないもの(ショートロイン(骨 付き))が1箱(約16Kg)混載されていたとの連絡がなされた旨、東京検疫所を通じて厚生労働省に連絡がありました。

(注)貨物の概要

(ア)出荷施設:タイソンフレッシュミート社レキシントン工場(ネブラスカ州)
(イ)輸入者:ティーエムシー株式会社(東京都港区)
(ウ)品目:冷蔵牛肉
(エ)数 重 量:732箱(約15トン)
注)当該品については、20か月齢以下の牛由来であることが報告されている。

2.港区保健所が当該貨物を検査したところ、米国農務省発行の衛生証明書に記載がない、輸入条件違反であるせき柱(特定危険部位)を含む牛肉が1箱(約16Kg)含まれていることを確認しました。

3.このため、同日、関係自治体に対して、当該貨物に同種の事例がないか、更に出荷先等について調査を依頼するとともに、当該出荷施設から出荷された貨物について、輸入手続を停止し、さらに、在京米国大使館を通じ、米国農務省に対し直ちに詳細な調査を要請しました。

4.厚生労働省及び農林水産省では、今後の対応について直ちに検討することとしています。

お問い合わせ先

連絡先:厚生労働省医薬食品局
食品安全部監視安全課
代表:03-5253-1111(内線2455)
直通:03-3595-2337
担当:道野、柊
連絡先:農林水産省消費・安全局動物衛生課
代表:03-3502-8111(内線4581)
直通:03-3502-5994
担当:川本

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/091010.html

つぶやく
・関連ニュース
第3回健康づくり推進本部の開催について/厚生労働省
2013年農林水産研究成果10大トピックス/農林水産省
インフルエンザの発生状況について/厚生労働省
・関連ワードで検索
米国産牛肉厚生労働省農林水産省
・今週のアクセスランキング
1.イルカの優れた治癒力がヒトでの恩恵をもたらす可能性
2.機能性表示食品のチョコレート(2種)を新発売/江崎グリコ
3.皮付きアーモンドから作った「アーモンドミルク」を発売/JFLAホールディングス、九州乳業
4.10/31 機能性表示食品の届出情報(リファイン 動き軽やかサポート/乳由来スフィンゴミエリン《花王》)等[追加8件 / 合計1,557件]/消費者庁
5.阪大に温熱治療の研究講座を設置/桐灰化学(小林製薬)
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO