健康美容NEWSモバイル
行政ニュース

食品健康被害情報メール窓口の開設について


[2009/04/07]

食品健康被害情報メール窓口の開設について

1. 食品衛生法では、食中毒患者等を診断した医師に保健所長への届出を求めていますが、幅広く飲食に起因する健康被害に関する情報を把握する観点から、厚生労働省食品安全情報ホームページに「食品健康被害情報メール窓口」を開設しました。

食品健康被害情報メール窓口ホームページアドレス

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/mail-madoguti/index.html

2. 本メール窓口では、食事をして体調を崩して医療機関を受診された一般の方や、そのような情報をお持ちの医療機関、食品関連事業者などの皆様から、直接メー ルを食中毒被害情報管理室※が受け付け、必要に応じて、関係する都道府県等へ調査依頼や情報提供をするなど、食中毒対策に活用します。

※ 食中毒被害情報管理室は、食中毒の早期探知と健康被害拡大の防止を図るため、主に次の業務を行うこととして4月1日付けで新設されました。

・飲食に起因する健康被害発生時における窓口として、都道府県等、関係府省等との連携を図る。

・食中毒患者等が50人以上発生した場合や重篤事例が発生した場合等には、都道府県等からの速報を集約するとともに、食中毒患者等が広域にわたり発生している場合等には、都道府県等に調査を要請する。

・国民の皆様から寄せられる情報を含め、食品による健康被害情報を逐次集約し、それら情報の解析と提供を行う。



医薬食品局食品安全部監視安全課
食中毒被害情報管理室
室長 熊谷(内線4238)
担当 田中、中嶋(内線4240)
電話 03-3595-3405
夜間直通 03-3595-2337

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/04/h0401-3.html

つぶやく
関連ニュース
セハロウィーンに気をつけたい食中毒 ―リンゴ飴は冷蔵保存を
セ食品衛生法に基づく添加物の表示等の一部改正について/消費者庁
セ食中毒菌迅速検査キット「NHイムノクロマト」が国際的認証機関AOACより認証を国内製で初取得/日本ハム
関連ワードで検索
食品健康被害情報メール窓口食品衛生法食中毒
ソ今週のアクセスランキング
1.ローヤルゼリーとマンゴスチンの美肌ドリンクなど2品を販売開始/ブルボン
2.カタログのQRで即時決済!物販支援決済サービスの提供を開始/凸版印刷
3.夏こそスーパーフードの力を借りる!”ビーツ”を 使った可愛いサラダ 「ビーツとくるみのチーズポテトサラダ」 発売/柿安本店
4.来春導入予定の新食品機能表示制度に要望/JADMA
5.日本通信販売協会新会長にファンケル宮島会長が正式就任
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO