健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

妊婦は必ずインフルエンザの予防接種を


[2014/09/01]
妊婦は必ずインフルエンザの予防接種を

米国産科婦人科学会(ACOG)が、妊娠中の女性は全員インフルエンザの予防接種を受けるようガイドラインで呼びかけている。

ACOGによると、近年発表された複数の研究で、妊娠中のインフルエンザワクチン接種の安全性と有効性が支持されているという。「インフルエンザウイルスは感染性が極めて強く、妊婦では肺炎、早産、その他の合併症を引き起こすことがあるため、特に危険である」とACOGのLaura Riley氏は述べている。

ガイドラインによると、妊娠週数にかかわらず、インフルエンザの流行シーズン(例年は10〜5月)序盤のうちに予防接種を受けると最も効果的だ。しかし、期間中はいつでも接種できる。

流行シーズン中に妊娠している女性、妊娠した女性は、必ず不活化ワクチンを接種する必要がある。不活化ワクチンは出産直後や授乳中の女性にも安全だ。ただし、弱毒化生ワクチン(鼻スプレー)は、妊婦には接種すべきでない。

2009年にH1N1新型インフルエンザが世界的に流行する前は、妊婦のインフルエンザワクチン接種率はわずか15%だった。2009〜2010年の流行期には約50%に上昇し、それ以降は毎年同程度の比率を維持している。しかし、ACOGによるとワクチン接種率はさらに向上できるはずだという。

予防接種は、妊娠中の女性だけでなく、生まれてくる子どもも守ることができる。乳児は生後6カ月までインフルエンザの予防接種を受けることができないが、母親が受ければ胎内でインフルエンザ抗体を受け取ることができ、直接ワクチンを接種できる月齢になるまで保護される。

このガイドラインは、「Obstetrics & Gynecology」9月号に掲載された。(HealthDay News 8月19日)


http://consumer.healthday.com/pregnancy-information-29/pregnancy-news-543/all-pregnant-women-need-flu-shot-ob-gyn-group-690810.html
Copyright (c) 2014 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
・関連ニュース
紅茶のインフルエンザウイルスを無力化する力について/三井農林
鳥インフルエンザの清浄化について/農林水産省
米国の予防接種ガイドラインが更新される
・関連ワードで検索
妊婦インフルエンザ予防接種
・今週のアクセスランキング
1.グリスリン 多のう胞性卵巣症候群(PCOS)での特許を登録 日本、アメリカ、カナダ3か国で特許が成立/サン・メディカ
2.中小企業の健康・福祉・介護製品をPR「ATCエイジレスセンタープロモーションプラザ」を開設/大阪市
3.「大麦若葉青汁 大麦のちから」機能性表示食品として受理/三和酒類
4.肝臓エキス、ウコンエキス等配合「ヘパリーゼ(R)Wプレミアム」コンビニ発売/ゼリア新薬工業
5.至福の顔面炭酸浴が味わえる新美容マシンが好調
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO