健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

精子の抗菌性の「盾」が受精能力に重要な役割


[2014/08/26]
精子の抗菌性の「盾」が受精能力に重要な役割

一部の不妊男性は、細菌から精子細胞を守る蛋白質の「盾」による恩恵を受ける可能性があることが、中国、香港中文大学生物医学科学部教授のHsiao Chang Chan氏らの予備的な研究で示された。研究論文は「Science Translational Medicine」8月13日号に掲載された。

今回の研究でChan氏らがとりあげたのは、病原菌に対し保護作用をもつデフェンシンという蛋白質。なかでもヒトβデフェンシン1という蛋白質は、体の各種組織でみられるが男性の生殖器官での役割は不明である。既存の研究で、この蛋白質がないと受精しにくくなる可能性が示唆されている。

不妊男性325人、生殖能のある男性190人の精子を対象に精子細胞内のヒトβデフェンシン1の濃度を調べたところ、精子無力症または生殖器官内の感染症による膿精子症(leukocytospermia)の男性では、不妊の問題のない男性よりも蛋白質の濃度が低かった。また、精子細胞内のこの蛋白質の濃度を高めると、精子がより効率的に運動し、病原菌と戦う力が大きくなり、より効率的に卵子に貫通することができた。

精子には、女性の生殖器官内に存在する病原菌に対する抗菌力が必要であり、次は蛋白質レベルを高めることの安全性の解明が研究課題だという。同氏らによれば推定10〜15%の夫婦が不妊であり、また、米国生殖医学会(ASRM)は不妊の40%は男性が完全にまたは部分的に原因だと指摘している。(HealthDay News 8月13日)


http://consumer.healthday.com/men-s-health-information-24/men-s-problems-health-news-469/sperm-s-anti-germ-shield-might-play-role-in-fertility-690720.html
Copyright (c) 2014 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
・関連ニュース
過剰な飲酒は精子の数と質を低下させる
X染色体が精子生産で重要な役割
標準刺激法では15個程度の卵子採取が最良の体外受精につながる
・関連ワードで検索
精子抗菌性受精
・今週のアクセスランキング
1.新シリーズ「ネイルホリック 24_7」を発売/コーセー
2.1/18 機能性表示食品の届出更新(カガエ イヌリン/イヌリン《薬日本堂》)等[追加8件 / 合計1,719件]/消費者庁
3.10/17 機能性表示食品の届出情報(おいしいコラーゲンドリンク<ピーチ味>/コラーゲンペプチド《森永製菓》)等[追加6件 / 合計1,528件]/消費者庁
4.不妊治療で生まれる子の健康転帰が向上
5.(株)サクライキに景品表示法に基づく課徴金納付命令/消費者庁
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO