健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

iPadが自閉症児の会話能力を高める


[2014/07/16]
iPadが自閉症児の会話能力を高める

従来の治療法にコンピュータ・タブレットの使用を加えると、自閉症児の会話や交流の改善に役立つ可能性があることが、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校セメル神経科学・人間行動学研究所のConnie Kasari氏らの研究でわかった。

5〜8歳の自閉症スペクトラム障害(ASD)児61人を対象に、コンピュータ・タブレットのiPadを使用して言語・社会的コミュニケーションの治療を行ったところ、iPadを使用しない場合と比較して、この機器が治療効果を高めるのに役立つことがわかった。 被験者はいずれも、『会話能力は最も低いレベル』(話すことのできる機能語が20個以下)であり、最初の3カ月間、合計週2〜3時間になる週2回のセッションを受けた。

3カ月後、iPad使用群では78%近くに早期反応がみられたが、非使用群では62%にとどまった。早期反応は、発話する単語数など14の評価項目のうち半数が25%以上改善することと定義した。3カ月後、改善がみられない小児にiPadを追加したが、最初から使用した場合ほどの効果はみられなかった。 Kasari氏らは3年間の追跡調査を行った。

同氏は、「全ての小児が改善したが、iPadの使用でより改善した。iPadを視覚的刺激と聴覚的フィードバックとして用いることで、会話の開始を支援することに焦点を当てた」と述べている。 今回の研究は、研究支援団体オーティズム・スピークスの資金援助を受けて行われ、「Journal of the American Academy of Child & Adolescent Psychiatry」6月号に掲載された。(HealthDay News 7月1日)

http://consumer.healthday.com/cognitive-health-information-26/autism-news-51/ipads-help-autistic-kids-talk-finds-study-689263.html
Copyright (c) 2014 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
・関連ニュース
iPad2の脳シャントデバイスへの影響
デバイス別、ネット通販などのインターネット利用実態を調査/アイレップ、スパイア
医学研修医にiPadを提供することで患者ケアが向上
・関連ワードで検索
iPad自閉症児
・今週のアクセスランキング
1.7/31 機能性表示食品の届出情報(GOLDAY(ゴールデイ)/ローズヒップ由来ティリロサイド《日水製薬医薬品販売》)等[追加3製品 / 合計1,412製品]/消費者庁
2.『食品表示基準について』を更新/消費者庁
3.スポーツニュートリション向けの素材 スポーツ乳酸菌「TWK10」の供給を本格的に開始/蝶理
4.ランナーは寿命が長い、ただし過剰なランニングは心臓に有害
5.5/17 機能性表示食品の届出更新(ダイエタリーファイバー/イソマルトデキストリン(食物繊維)《オリヒロプランデュ》)等[追加10件 / 合計2,049件]/消費者庁
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO