健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

米国では自閉症は5歳まで診断されないケースが多い


[2012/06/05]

米国では自閉症は5歳まで診断されないケースが多い
自閉症の症状は通常3歳前に発現するが、米国ではほとんどの自閉症児が5歳以上で診断されることが、患児の両親または保護者対象とした全国代表調査で明らかになった。また自閉症スペクトラム障害児の半数以上は、同疾患のコアとなる症状に対する影響が明らかになっている薬剤はないにもかかわらず、刺激薬や抗不安薬、抗うつ薬、睡眠補助薬、抗けいれん薬、抗精神病薬の薬剤を1つ以上服用していることも判明した。

今回の全国代表調査は、米国立精神衛生研究所(NIMH)臨床・集団疫学研究局責任者のLisa Colpe氏らが、米国疾病対策予防センター(CDC)と協力して、自閉症スペクトラム障害児約1,400人を含む6〜17歳の特殊なニーズを要する小児の両親または保護者4,000人超を対象に実施したもの。

今回の報告におけるその他の重要な知見は次のとおり:
・自閉症スペクトラム障害と診断された時の小児の年齢は、2歳以下約19%、3歳17%、4歳13%、5歳11.5%、6歳以上40%近くであった。
・自閉症児の特定は、小児科医、家庭医、ナースプラクティショナー、心理学者、発達心理学者、神経科医、学際的チームなど、さまざまな医療従事者が行っていた。
・就学年齢の自閉症スペクトラム障害児10人中9人が発達のニーズに合うサービスを1つ以上利用し、半数超は3個以上のサービスを利用していた。
・最も一般的なサービスは社会技能訓練であり、次いで言語療法であった。ほかには行動的介入および作業療法を受けていた。

Colpe氏は「これらの調査結果は、米国における自閉症の現況の一端を浮き彫りにしたものである。米国の家族はその経験を他の家族と比較することができる。小児の自閉症には、不安やうつ症状、不安などが伴うことが多く、これらの症状の治療のためにさまざまな薬剤が用いられている。多くの小児(90%以上)が他の治療も受けていることは良い徴候であり、これは医師の監視を受けていることを示している」と述べている。

別の専門医は、早期介入が長期的により良好な状態をもたらす研究が報告されており、小児が早期介入を受けられない障壁に対処することが非常に重要である」と述べている。(HealthDay News 5月24日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=665085
Copyright © 2012 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
・関連ニュース
自閉症の人が他人と目を合わせない理由
「セサミストリート」に自閉症のキャラクターが登場
自閉症の遺伝子をもつサルの開発に成功
・関連ワードで検索
自閉症
・今週のアクセスランキング
1.「コスメ下取りキャンペーン」を初開催/小田急百貨店
2.4/12 機能性表示食品の届出更新(アラプラス からだ元気/5-アミノレブリン酸リン酸塩《SBIアラプロモ》)等[追加15件 / 合計1,943件]/消費者庁
3.グリスリン 多のう胞性卵巣症候群(PCOS)での特許を登録 日本、アメリカ、カナダ3か国で特許が成立/サン・メディカ
4.宝グループの健康食品事業を承継/塩野義製薬
5.肝臓エキス、ウコンエキス等配合「ヘパリーゼ(R)Wプレミアム」コンビニ発売/ゼリア新薬工業
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO