健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

中堅外科医での術後合併症発生率が最も低い


[2012/01/25]
中堅外科医での術後合併症発生率が最も低い

患者に対して最も安全な治療を行うのは35〜50歳の外科医であることが、新しい研究によって示された。この知見は、現在行われている訓練や、キャリアの過程での外科医の動機付けに懸念をもたらすものであるという。

フランス、リヨン市民病院のAntoine Duclos氏は、1年間にフランスの5つの病院で平均年齢41歳、平均経験年数10年の外科医28人が実施した甲状腺摘出術3,574件のデータを分析し、術後48時間以内および6カ月以内に発生した2つの重大な合併症、すなわち永続的な再発性喉頭神経麻痺(重度の嗄声)と副甲状腺機能低下症の発生率を検討した。

研究の結果、経験の浅い外科医または経験年数20年以上の外科医による手術を受けた場合のほうが、永続的な合併症のリスクが高かった。経験年数5〜20年の35〜50歳の外科医では、それよりも年下または年上の外科医に比べてアウトカム(転帰)が良好であった。

患者の合併症発生率の変動の一部は他の未知の因子または吟味していない因子により説明がつく可能性があるが、今回の知見は、外科医の施行能力がキャリアの過程で変動する可能性があり、経験を積むだけでは最善の成果を得ることも維持することもできないことを示唆している。研究結果は、英国医師会誌「BMJ」オンライン版に1月10日掲載された。(HealthDay News 1月11日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=660548
Copyright (c) 2012 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ外科ICUの患者は身体を動かすほうがよい
セ老化治療の最前線を走る博士が、都内で来日講演
セ鍼治療で重症の便秘が軽減か
関連ワードで検索
治療手術外科
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.ヴィーナスモードのテレビ放送が2011年1月よりスタート
4.エステティック ミスパリより、足痩せサプリ発売
5.目もとと頬を輝きで彩るアイカラー、チークカラー新発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO