健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

早産児はより危険なタイプの細菌に感染している


[2011/12/22]
早産児はより危険なタイプの細菌に感染している

早産児の胃腸にみられる細菌の種類は正期産児に比べて少ないが、カンジダ属など早産児でみられることの多い細菌やその他の微生物はより危険性の高いことが、新しい研究で示された。

米デューク大学メディカルセンター(ノースカロライナ州)小児科准教授のPatrick Seed氏らは、早産児11例を対象に、細菌、真菌、寄生生物のDNAタイピングを用いて微生物を調べた。その結果、5例に血液感染、3例に壊死性大腸炎が認められた。早産児では抗生物質の投与終了後も、正期産児に比べて、消化器系の細菌の多様性(diversity)が少なかった。

また、早産児に認められた微生物の大多数に、非常に重篤な感染を引き起こすことが知られている種類の細菌が含まれていた。また、早産児では正期産児に比べ、特に生後1カ月以内に感染が多くみられ、感染の持続期間も長かった。早産児の消化管には主に、便検体で認められる微生物に感染していたが、表皮ブドウ球菌(Staphylococcus epidermidis)も含まれていた。

同氏らは、新生児にこれらの感染症が生じる原因は不明であるが、母乳や血液、または環境などが原因として考えられると指摘。Seed氏は「正期産児では多様性がより早く出現するが、早産児では細菌の種類は少なく、生後1カ月間、その多様性が変化しない。乳児は特定の種類の細菌に侵されるため、危険と思われる細菌が腸管に一定の区域を占めることもある。それが優位になると、乳児に感染リスクが生じる可能性がある」という。

同氏はさらに、「これらの病原体がどこからくるのかを知ることが重要である。一部の細菌は乳児および発達中の免疫システムにとって有益であるため、例えすべてが有害な細菌であっても、それらすべてを取り除きたくはない。バランスが問題である」とも述べている。研究結果は、オンライン医学誌「PLoS One」に12月9日掲載された。(HealthDay News 12月9日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=659662
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ公園の砂場は細菌の温床
セ腸内細菌が食事と大腸がんの関連に関与か
セ腸感染症に対する「糞便移植」の効果に疑問
関連ワードで検索
細菌感染早産
ソ今週のアクセスランキング
1.カタログのQRで即時決済!物販支援決済サービスの提供を開始/凸版印刷
2.「潤(うるり)」に美白クリームと肌あれ・にきびケアの保湿ジェルを追加発売/カネボウ化粧品
3.藻類由来DHAオメガ3の補給により学齢期の児童の睡眠持続が向上/エデルマン・ジャパン
4.簡単・もちもち・栄養up! カナダ産オーツ麦から生まれた「ライスオーツ」を新発売/スタースーパーフーズ・インターナショナルジャパン
5.食品添加物の乳化剤が大腸がんに関連 ―マウス研究
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO