健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

定期的な歯のクリーニングは心臓発作リスクを低減させる


[2011/11/25]
定期的な歯のクリーニングは心臓発作リスクを低減させる

歯のクリーニングのために定期的に歯科を受診する人は心臓発作(心筋梗塞)や脳卒中のリスクが低い可能性が新しい研究で示唆され、米オーランドで開催された米国心臓協会(AHA)年次集会で報告された。

台湾、台北永民総病院(Veterans General Hospital-Taipei)心臓病科のEmily (Zu-Yin)
Chen博士らは、心臓障害および脳卒中の罹患歴のない10万人以上を平均7年間追跡調査した。その結果、2年間にわたり年2回以上歯科医または歯科衛生士によるスケーリング(歯石除去)やクリーニングを受けている人は歯科を全く受診しないか2年に1回しか受診しない人に比べて、心臓発作リスクが24%、脳卒中リスクが13%低かった。

同氏は「心疾患および脳卒中の予防効果は、年1回以上スケーリングをしていた被験者でより顕著であった。専門家によるクリーニングは、炎症を引き起こし、心疾患または脳卒中の発症につながる可能性のある細菌の増殖を抑えると思われる」と述べている。

Chen氏らによれば、今回の研究では体重や喫煙、人種など心筋梗塞および脳卒中のその他のリスクファクター(危険因子)を説明しておらず、情報ソースとして用いた台湾全民健康保険(NHI)データベースは含まれていないという。また、歯周病と心血管疾患リスクとの関連性を検討したスウェーデンの別のタイプの研究では、歯の数の少なさ、および歯の根元周辺での感染数の多さが、うっ血性心不全や心臓発作のリスク増大につながることが示されている。学会で発表された研究は、ピアレビューを受けて医学誌に発表されるまで予備的なものとみなすべきである。(HealthDay
News 11月13日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=658648
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ歯のクリーニングで肺もきれいに保てる
セホルモンが女性の歯の健康に影響
セオメガ3脂肪酸で致死的な心臓発作リスクが低減か
関連ワードで検索
クリーニング心臓発作危険因子
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
3.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.働く女性の髪の悩みが大きく変化する年代は?
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO