健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

心筋梗塞に対する幹細胞療法は有望


[2011/11/21]
心筋梗塞に対する幹細胞療法は有望

幹細胞を用いて心筋梗塞(心臓発作)で損傷した心筋をよみがえらせる取り組みに弾みをつける3件の研究が、米オーランドで開催された米国心臓協会(AHA)年次集会で発表された。

医師らは近年、心筋梗塞により損傷した心臓組織(心筋)の修復に骨髄幹細胞を使用している。同集会で発表された2件の新しい研究は、この治療法が生命を救う可能性の高い“好機(window
of opportunity)”の提供に有用である可能性を示している。

1件目の研究は、ドイツ、フランクフルト大学病院のDavid
Leistner博士らによるもので、62例を対象とした。研究の結果、心筋梗塞発症後2、3日以内に骨髄幹細胞を注入した患者では死亡や心筋梗塞の再発、閉塞動脈の血管形成術の必要性が少なく、そのベネフィット(便益)は5年後まで持続した。米マイアミ大学ミラー医学部学際的幹細胞研究所所長のJoshua
M. Hare博士は、「最も重要なことは、心臓機能の改善というのではなく、死亡減少の有無であり、この研究では減少の可能性を示している」と述べている。

一方、米メイヨークリニック(ミネソタ州ロチェスター)のRobert
Simari博士らによる別の研究では、心筋梗塞発症から骨髄幹細胞注入までの期間が10〜20日というのは長すぎることが示された。同氏らは、血管形成術やステント留置術を受けた患者87例に対し、発症後約2〜3週間に心筋に幹細胞を注入したが、6カ月後に心機能の改善は認められなかった。

米国医師会誌「JAMA」オンライン版にも11月14日掲載された同研究の付随論説著者でもあるHare氏は、「このような非常に新しい治療法の場合、否定的なデータは肯定的なデータと同様に有用となりうる。つまり、心筋への幹細胞注入は発症後約2〜3週間では遅すぎるということである」という。Simari氏も、「我々は骨髄幹細胞の使用に関するフレームワーク(枠組み)を作ろうとしている」と述べている。

3番目の虚血性心筋症患者を対象とした幹細胞注入(SCIPIO)研究では、米ルイビル大学(ケンタッキー州)のRoberto
Bolli博士らが患者自身の心筋幹細胞の使用を検討した。この方法がヒトで検討されたのは今回が初めて。英医学誌「Lancet(ランセット)」にも掲載されたこの第1相(前期)試験では、バイパス手術を受けた患者の心筋非損傷部位から細胞を採取し、精製して、4カ月後に患者の心筋に再度注入したところ、心不全患者16例で心機能が回復し、心筋の瘢痕も治癒しつつあるという。(HealthDay
News 11月14日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=658916
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ製薬企業から医師への金品はがん治療薬の選択を左右するのか
セ油性造影剤での卵管造影が不妊治療に有用
セ老化治療の最前線をテーマに2トップが講演
関連ワードで検索
心筋梗塞幹細胞治療
ソ今週のアクセスランキング
1.メイプロインダストリーズ / 丸紅との資本提携で原料および米国市場で販売している健康食品を世界のマーケットに拡販
2.100円(税抜)のトクホ 炭酸水を発売/セブン&アイ・ホールディングス
3.油性造影剤での卵管造影が不妊治療に有用
4.ファイテン独自技術の素材に関する医科学的な研究成果を発表
5.機能性表示食品のドレッシング3品を首都圏で販売/キユーピー
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO