健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

子どもの風邪が抜けきらない場合はアレルギーの可能性


[2011/11/18]

咳(せき)をしたり鼻をすすったりするのは子どもにとって一般的なことである。しかし、症状が持続し、特にそれが毎年同じ時期に発症するならば、アレルギーの可能性がある。

米国小児学会(AAP)は、子どものアレルギーの警告的徴候(warning sign)として下記のようなものを挙げている:
・風邪様の症状が1〜2週間以上持続する、あるいはそれが毎年同時期に発症する。
・肘や膝の裏のしわ部分に赤く、痒みのある、うろこ状の湿疹が頻繁に発生する場合にはアレルギーの可能性がある。
・食後や、特に特定の食物を摂取した後に吐き気、喘鳴(ぜんめい)、嘔吐、腹痛、咳、蕁麻疹(じんましん)、腫脹が発生する場合は、食物アレルギーの可能性を示している。
・慢性的な咳、喘鳴、胸部の締め付け感がある場合は、実際に喘息のシグナルとなる。
(HealthDay News 11月1日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=658069
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ小児期の喘息が肥満を促進する可能性
セ指しゃぶりや爪噛みをする子はアレルギーになりにくい
セ完全グルテンフリー食品で、美容&体質改善、アレルギー対応「チアシード&大豆パンケーキミックス」発売/ビーンズ
関連ワードで検索
喘息アレルギー徴候風邪
ソ今週のアクセスランキング
1.ライオン商事 / 植物生まれの低脂肪犬用オーラルケアガム新発売
2.『美身のちから「プラセンタ+プエラリア」』、GMP製品マーク取得!/トライアント
3.花粉症には鼻粘膜に”ボトックスを滴下”するだけ
4.”理想の体”競い合うコンテストの頂点が決定
5.風船の破裂音で難聴リスク
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO