健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

プロバイオティクスヨーグルトが腸に及ぼす影響を科学的に解明


[2011/11/07]
プロバイオティクスヨーグルトが腸に及ぼす影響を科学的に解明

人気の高いプロバイオティクスヨーグルトの健康に対する有益性を調べた新しい研究で、このヨーグルトの摂取により食品が代謝される方法が変化する可能性が示された。ただし、プロバイオティクス食品やサプリメントによって健康が改善するかどうかはまだわからないという。

“プロバイオティクス”という用語は、一般に十分な量を摂取すれば健康の増進につながりうる細菌やウイルス、酵母などの消化可能な生きた微生物を指す。サプリメントの製造業者は、これが免疫システムを活性化させ、“悪い細菌”から防御し、消化プロセスを助けるために疾患と闘うことに役立つとしている。

米ワシントン大学医学部(セントルイス)ゲノムサイエンスセンター所長のJeffrey Gordon氏らは、米国立衛生研究所(NIH)とダノンプロバイオティクスヨーグルトActiviaを製造する食品複合企業の一部門であるダノン研究所の資金援助を受け、マウスとヒト双生児を対象に先端技術を用いた研究を実施した。研究結果は、医学誌「Science Translational Medicine(サイエンス・トランスレーショナル医療)」10月26日号に掲載された。

同氏らは、無菌マウスの腸内環境が、遺伝子配列の決定された15種類のヒトの腸内細菌のみになるよう慎重に飼育した。この“ヒト化”マウスと、健常な双子の若い成人女性7組に4カ月間、市販のプロバイオティクスヨーグルトを摂取させ、摂取前後、摂取中の腸内細菌叢の組成と行動パターンを分析した。

研究の結果、ヨーグルトの細菌種はヒト、マウスともに新たな居住者として腸内に留まらなかったため、マウスとヒトの腸内細菌環境はヨーグルト摂取前後でほぼ同じであった。ただし、“ヒト化”マウスの尿検査で代謝に関与する酵素活性に“有意な変化”がみられ、最も顕著な変化は炭水化物の分解に関係していた。同氏らは、プロバイオティクス摂取がヒトの健康に及ぼす影響について確定的なことを述べるには、さらに研究が必要であるとしている。

Gordon氏は「連邦規制当局では、プロバイオティクス食品の製造業者によるすべての栄養機能表示の評価への興味が高まっている。実際、食品成分の代謝に影響を及ぼす可能性が示され、微生物群の構造は変化しないが機能は変化する。我々は、これらの微生物が腸に及ぼす影響を調べる方法の開発に成功した」と述べている。別の専門家は「実際にどの微生物が存在するかではなく、何をするかが問題である」としている。(HealthDay News 10月26日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=658269
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ米国におけるヨーグルト事業開始に関するお知らせ/森永乳業
セ水切り製法「濃密ギリシャヨーグルト パルテノ オレンジソース入」限定発売/森永乳業
セ炭プラスラボが水素関連の最新エビデンスを公開
関連ワードで検索
プロバイオティクスヨーグルト腸内改善エビデンス
ソ今週のアクセスランキング
1.犬用健康補助食品「『ペットラボ』皮ふ健康サポート」を新発売/アサヒカルピスウェルネス
2.ココナッツジャパン株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
3.睡眠時無呼吸のセルフケア
4.健康食品の電話勧誘販売している3事業者に業務停止命令(3か月)/消費者庁
5.ダイエットサポート飲料「コバラサポート グレープフルーツ風味」を発売/大正製薬
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO