健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

大腸癌(がん)に細菌が関与か?


[2011/11/04]
大腸癌(がん)に細菌が関与か?

大腸(結腸直腸)癌(がん)には、癌の発症に寄与し、その診断や治療、予防に重要となりうるとみられる細菌が多量に含まれていることが、新しい研究によって示された。

米ダナ・ファーバーDana-Farber癌研究所ゲノム発見センター共同責任者で、ハーバード大学(ボストン)医学部病理学教授のMatthew Meyerson氏らは、正常な結腸組織9検体と大腸癌組織9検体を分析。その結果、腫瘍検体ではフゾバクテリウム属(Fusobacterium)の細菌数が異常に多かった。

同氏は「腫瘍とその周囲には、癌細胞と正常細胞、細菌やウイルスなどの様々な微生物の複雑な混合物が存在する。過去10年ほど、癌細胞とその“微小環境(microenvironment)”の関係、特に癌の形成と成長を促す細胞と細胞の相互作用が注目されている。フゾバクテリウム属と大腸癌に明らかなつながりはないが、この細菌が癌に影響を及ぼす可能性を示唆するものはある」と述べている。

以前の研究では、フゾバクテリウム属と結腸癌リスクを増大させうる潰瘍性大腸炎など炎症性腸疾患との関連が示唆されている。Meyerson氏は「この細菌が癌の成長に欠かせないか、あるいは単に癌がこの細菌に好適な環境を提供している可能性がある」としている。研究結果は、医学誌「Genome Research(ゲノム研究)」オンライン版に10月17日掲載された。

米国では、大腸癌は癌の死因の中で2番目となっている。米国癌協会(ACS)では、今年(2011年)の大腸癌診断者数は14万1,000人以上、死亡者数は4万9,000人以上に達すると推計している。(HealthDay News 10月18日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=657974
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ便潜血陽性で内視鏡検査を先延ばしにすると大腸がんリスク上昇
セ腸内細菌が食事と大腸がんの関連に関与か
セ睡眠不足は腸内細菌の変化に関連
関連ワードで検索
大腸がん細菌ウイルス原因
ソ今週のアクセスランキング
1.サプリメント「ディアナチュラ」シリーズから、5アイテムを新発売
2.メイプロインダストリーズ / 丸紅との資本提携で原料および米国市場で販売している健康食品を世界のマーケットに拡販
3.機能性表示食品のドレッシング3品を首都圏で販売/キユーピー
4.履くだけでむくみケアする段階圧力ソックスの新タイプ
5.医薬品成分を含有する製品の発見について/東京都(福祉保健局)
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO