健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

免疫におけるビタミンDの重要な役割が明らかに


[2011/10/25]
免疫におけるビタミンDの重要な役割が明らかに

致死的な肺疾患である結核(TB)などの感染症と闘う身体の能力において、ビタミンDが重要な役割を果たすことが新しい研究で示された。天然ホルモンであるビタミンDはヒトの免疫反応と関係しており、癌(がん)や自己免疫疾患の防御にも有用であるという。

医学誌「Science Translational Medicine(サイエンス・トランスレーショナル医療)」オンライン版に10月12日掲載された今回の研究は、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で実施されたもの。現在、ドイツ、ケルン大学皮膚科に所属するMario Fabri博士らは、身体がヒト型結核菌(M. tuberculosis)などの病原体をどのようにして死滅させ、あるいは増殖を阻止するかを検討した。

研究の結果、身体が感染と闘う能力に重要な白血球またはT細胞は、ビタミンDレベル(濃度)が十分でなければ適切に機能しないことが判明。一方、ビタミンDが欠乏していなければ、TB菌は85%減少した。ビタミンDは、先天性免疫系(自然免疫)と後天性免疫系(獲得免疫)の両方を支持する上で重要な役割を果たすことが示された。Fabri氏は「この知見は、補充によるビタミンDレベルの上昇が結核など感染症に対する免疫反応を改善することを示唆している」と述べている。

Fabri氏らによると、インターフェロン蛋白(たんぱく)がTB菌を死滅させる細胞を活性化させることが示されたのは今回が初めて。T細胞はインターフェロンを放出し、それが感染した細胞(マクロファージ)を活性化させTBを死滅させるカテリシジンcathelicidinなどの蛋白を産生し、この蛋白が確実に細胞内の細菌が生息する部位に直接的に送られるように作用することが判明した。

研究著者であるUCLAデビッド・ゲフェンDavid Geffen医学部整形外科教授のJohn Adams氏は、「以前の研究では、インターフェロンγ(ガンマ)の有効な免疫反応を生じさせるためには、十分なビタミンDが必要であることについては検討されていない。今回、この連鎖反応が機能する方法をより深く解明することができた」と述べている。

別の専門家は「この知見は、ビタミンDが感染症、特に結核から我々を守る獲得T細胞免疫にどれほど大きく寄与しているかを初めて機序的に説明したものである」と述べ、「肌の色が濃い人のほうがTBに罹患しやすく、これは皮膚色素のメラニンがビタミンD産生を減少させることが一因である」とも指摘している。(HealthDay News 10月12日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=657738
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ乳酸菌が小腸のM細胞から取り込まれ免疫細胞に渡されることを実証/アサヒグループホールディングス
セL.paracasei MCC1849株が風邪症状および気分状態に及ぼす効果を発表/森永乳業
セ免疫療法による非ホジキンリンパ腫治療に前進
関連ワードで検索
ビタミンD免疫
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
3.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.履くだけでむくみケアする段階圧力ソックスの新タイプ
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO