健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

強迫的な運動の警告的徴候


[2011/10/21]

健康に良い活動は適度に行うならまったく問題はない。それは運動にも当てはまるが、度を越してしまう危険性もある。

米国の非営利団体Nemours Foundation(フロリダ州、デラウェア州)は、過剰なまでに強迫的(compulsive)に運動するようになる警告的徴候(warning sign)を下記のように挙げている:
・疲労や負傷していたり、病気であっても運動を休むことを拒否する。
・楽しみというよりは義務感から運動をする。
・1回休んだ後は、運動時間を2倍にして行う。
・減量に加え、過体重やカロリー消費にこだわる。
・多めの食事量の穴埋めに運動量を増やす。
・友人や家族との会合や社会活動に参加することよりも運動を優先させる。
・自尊心(self-esteem)を刺激するために運動の負荷や頻度を高める。
・身体的な目標達成から満足感を得られない。
(HealthDay News 10月6日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=657301
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ合弁会社「ニュートリション・バランス」を設立/バリューHR
セ健康経営の取組みについて/日本水産
セ「食品安全に関する総合情報サイト」に「健康食品」のカテゴリーを作成/消費者庁
関連ワードで検索
運動健康危険因子兆候
ソ今週のアクセスランキング
1.新しいスプレー製剤が嚢(のう)胞性線維症患者に有益
2.ホワイト+レッドのパッケージ!トクホのコーラを発売/日本コカ・コーラ
3.30代以降のエステ来店客が求めるのはシミ・美白対策
4.医薬品成分を含有するいわゆる健康食品の発見について/厚生労働省
5.1日50円 法人向けの宅配式置き型サプリ「ビズサプ(R)」提供開始/タキザワ製薬
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO