健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

風邪とインフルエンザシーズンには喘息患児のリスクが高まる


[2011/10/19]
風邪とインフルエンザシーズンには喘息患児のリスクが高まる

喘息患児において、風邪やインフルエンザによって症状が悪化し、危険な状態になる可能性が、米ネイションワイドNationwide小児病院(オハイオ州)呼吸器内科のBeth Allen博士らによって示された。実際に、インフルエンザで入院した小児の30%に喘息が認められ、肺炎を併発するリスクも生じたという。

Allen氏は「症状悪化をもたらすのは1つのきっかけであり、普通の風邪、天候の変化、アレルゲンへの曝露、たばこの煙のどれもが、すでに炎症を起こしている気道をさらに刺激する引き金になる。実際、風邪は病院で喘息患児が一番かかりやすいものである」と述べている。同氏らは、風邪とインフルエンザシーズンに同病院の救急治療室を受診する小児の数が大幅に増加することも指摘している。

救急治療室(ER)を受診する小児喘息患児の数を減らすために、保護者ができる子どもたちを重度の喘息再燃から守る手段がいくつかある:
・小児はインフルエンザの予防接種を受け、ウイルスに対して免疫システムが有効に作用できるようにする。
・小児は秋に健康診断を受け、インフルエンザシーズン前に体調の評価を行う。
・常用の喘息コントローラー(長期管理薬)を処方された小児をモニターすることにより、調子が良いときでも服薬していることを確認する。
・保護者は担当医と協力して、子どもの健康に影響を及ぼす可能性のある別の状況に備えて喘息行動計画書を作成する。

Allen氏は「保護者は、子どもの症状を認識し、発症した場合に使用する薬剤や、薬剤が無効だった場合にはいつ医師を呼ぶかを理解しておく必要がある。喘息行動計画書を活用し、受診しないですむのが理想である」と述べている。(HealthDay News 10月8日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=657562
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ生まれ年から鳥インフルエンザの重症化リスクを予測可能?
セ風邪をひいたとき、イヌやネコと触れあっても大丈夫?
セ女性はインフルエンザに対する防御力が高い可能性
関連ワードで検索
風邪インフルエンザ喘息小児
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
3.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.秋の新色を限定発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO