健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

コレステロール高値はアルツハイマー病と関係−久山町研究


[2011/09/21]
コレステロール高値はアルツハイマー病と関係−久山町研究

コレステロール値が高いと、脳内にプラーク(斑)として知られる蓄積物が生じ、アルツハイマー病リスクが高まることが、九州大学神経病理学助教の佐々木健介氏らによる新しい研究で示唆された。

この知見は、コレステロール高値がアルツハイマー病を引き起こすこと、あるいはコレステロール値を低下させることでリスクが低減することを直接証明するものではない。また、コレステロール高値と、やはりアルツハイマー病患者の脳にみられる神経原線維変化(neurofibrillary tangle)との関係は認められなかった。

佐々木氏は「今回の知見はそれでも、インスリン抵抗性とアルツハイマー病を結びつけた以前の研究に続くものであり、コレステロール値とインスリン抵抗性のより良いコントロールがアルツハイマー病の予防法につながる可能性がある」と述べている。今回の研究で同氏らは、福岡県(糟屋郡)久山町に居住し、臨床検査を行った1988年時点で生存していた147人(男性76人、女性71人)の脳を調べた。

全被験者について1998〜2003年に剖検を行った。被験者の約3分の1は生存中に認知症と診断されたが、1988年時点でその徴候はなかった。研究の結果、コレステロール低値の被験者に比べて、コレステロール高値の被験者にはプラークがある可能性が高く、それぞれ62%、86%に認められた。ただし、コレステロール高値の被験者において、神経原線維変化はさほど多く認められなかった。

米国では推定540万人にアルツハイマー病が認められ、この数字は高齢化に伴い2050年までに1,600万人まで増加することが予測される。アルツハイマー病には予防法も治癒させる方法もない。研究結果は、医学誌「Neurology(神経学)」9月13日号に掲載された。(HealthDay News 9月12日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=656767
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ若年または女性のドナーからの輸血で生存率が低下する可能性
セ脂肪由来間葉系幹細胞が真皮線維芽細胞の能力を高める事を確認/ロート製薬
セ規制外の幹細胞治療に警告
関連ワードで検索
幹細胞培養赤血球輸血
ソ今週のアクセスランキング
1.ライフサポートに対する景品表示法に基づく措置命令等について/消費者庁
2.健康経営に優れた上場会社22社「健康経営銘柄」を発表/経済産業省
3.株式会社タカショーに対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
4.薬事法施行規則第12条第1項に規定する試験検査機関について/厚生労働省
5.ライフサポート「ダイエット食品【消費者庁の措置命令に基づく公示】」/国民生活センター
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO