健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

喫煙は女性の動脈により大きな損傷を与える


[2011/09/15]
喫煙は女性の動脈により大きな損傷を与える

喫煙は男性よりも女性の動脈により大きな損傷を与えることが新しい研究によって示され、フランス、パリで開催された欧州心臓病学会(ESC)年次集会で発表された。

イタリア、ミラノ大学薬理学教授のElena Tremoli氏らは、フィンランド、スウェーデン、オランダ、フランス、イタリアの女性1,893人と男性1,694人の頸動脈を超音波検査で評価した。研究の結果、男女いずれにおいても生涯にわたる喫煙は動脈壁の肥厚(アテローム性動脈硬化症)に関連していたが、女性が受ける影響は男性の2倍以上であった。また、1日あたりのたばこの本数がアテローム性動脈硬化症の進行に及ぼす影響は、男性よりも女性のほうが5倍以上大きかった。

この喫煙とアテローム性動脈硬化症の関連は、コレステロール値や肥満、年齢、血圧、社会階級など、その他の危険因子とは独立していた。Tremoli氏は「喫煙が女性の動脈により強い影響を及ぼす理由はまだ不明であるが、喫煙、炎症、アテローム性動脈硬化症の間の複雑な相互作用からいくつかのヒントが得られる可能性がある」と述べている。

今回の研究は、学会発表であるため、ピアレビューを受けて医学誌に発表されるまで、データや結論は予備的なものとみなすべきである。(HealthDay News 8月31日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=656378
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ知識の普及だけでは受動喫煙の格差は縮小しない/東北大学大学院歯学研究科
セ1日1箱の喫煙で肺に年間150個の遺伝子変異
セホルモンが女性の歯の健康に影響
関連ワードで検索
喫煙女性危険因子??
ソ今週のアクセスランキング
1.強力な酸分泌抑制薬で骨折リスクが増大
2.麻痺ラットが脳からの信号を受けずに再歩行可能に
3.容器包装の食品衛生法への適合の確認結果について
4.化学療法が女性の不妊をもたらす機序を解明
5.インターネットによる医薬品等の広告の該当性に関する質疑応答集(Q&A)について/厚生労働省
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO