健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

肺癌(がん)リスクを高める遺伝子変異を同定


[2011/09/01]
肺癌(がん)リスクを高める遺伝子変異を同定

喫煙者の肺癌(がん)リスクを高める2つの遺伝子変異が、カナダの新しい研究で同定された。この変異体を有する喫煙者では、喫煙量が多く、たばこへの依存度がより高い傾向がみられたという。

カナダ、中毒・メンタルヘルスAddiction and Mental Healthセンター(トロント)のRachel Tyndale氏らは、肺癌を有する現・元喫煙者417人、癌のない現・元喫煙者443人について検討した。その結果、ニコチン代謝遺伝子(CYP2A6)およびニコチン遺伝子クラスター(CHRNA5-A3-B3)の変異が認められた喫煙者は、肺癌を有する可能性、ニコチンへの依存度がそれぞれ高く、ヘビースモーカーである可能性も高かった。両方の変異体を有する人における肺癌リスク増大は、1日20本以下の軽度喫煙者で最も顕著であった。

Tyndale氏は「ヘビースモーカーでは他の健康障害も同様、肺癌の全リスクが増大するが、今回の研究では特に、癌リスクに対するこれら2遺伝子の影響を検討した。これら2つの遺伝子の遺伝的リスクは、より軽度の喫煙者においてより大きな役割を果たしていた。ニコチン代謝遺伝子は1日の喫煙量に、ニコチン遺伝子クラスターは肺癌リスクにより大きな影響を及ぼす。両方の高リスク遺伝子変異の複合効果により、肺癌発症オッズは2倍以上になった」と述べている。

同氏らは、多くの喫煙者が以前に比べて喫煙量を減らす傾向にあるため、今回の知見は重要であるとしている。研究結果は、米国立癌研究所(NCI)誌「Journal of the National Cancer Institute」9月号に掲載された。(HealthDay News 8月18日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=655993
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ1つの遺伝子変異が黒死病の始まりだった?
セ肺癌患者の遺伝子検査で治療向上
セ寝起きの一服は肺癌や口腔癌のリスクを高める
関連ワードで検索
肺癌遺伝子変異ニコチン代謝遺伝子(CYP2A6)ニコチン遺伝子クラスター(CHRNA5-A3-B3)ニコチン依存度
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
3.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.履くだけでむくみケアする段階圧力ソックスの新タイプ
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO