健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

世界中の紙幣がBPAで汚染−レシート用の感熱紙が汚染源の可能性


[2011/08/31]
世界中の紙幣がBPAで汚染−レシート用の感熱紙が汚染源の可能性

世界中の紙幣が、潜在的な有害性(毒性)をもつ化学物質のビスフェノールA(BPA)で汚染されていることが、新しい研究によって示された。BPAは、一部のプラスチックや水筒、家庭用電子機器、スポーツ用品など消費財の製造に使用される。研究では、BPAが内分泌撹乱物質、すなわち女性ホルモンのエストロゲンのように作用し、多くの健康障害に関係している可能性が示唆された。

米ニューヨーク州健康局ワズワースセンタ/米ニューヨーク州立大学オルバニーAlbany校公衆衛生学部環境衛生化学部門のKurunthachalam Kannan氏およびChunyang Liao氏らは、21カ国の紙幣156枚を分析。その結果、どの紙幣にも微量のBPAが含まれることが判明した。ブラジル、チェコ共和国、オーストラリアの紙幣におけるBPA濃度が最も高く、フィリピン、タイ、ベトナムの紙幣では最も低かった。米国の紙幣の濃度は平均であった。

同氏らによれば、レジで打ち出されるレシートに用いられる感熱紙(thermal paper)が、貨幣のBPA汚染源である可能性が最も高いという。感熱紙という呼称は熱に曝露されたときに色を変化させる化学物質を含むことに由来する。また、紙幣における化学物質量はハウスダストよりも多かったが、紙幣からのBPA摂取はハウスダストからの摂取よりも10倍以上低かった。

研究結果は、米国化学会(ACS)発行の「Environmental Science & Technology(環境科学&技術)」オンライン版に7月11日掲載された。(HealthDay News 8月19日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=655824
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セインターネットで購入したエストロゲン製剤「ESTROMON」により健康被害が発生/厚生労働省
セ女性のコレステロール値は月経周期で変動する
セ乳癌(がん)治療薬の新しいガイドラインを発表
関連ワードで検索
ビスフェノールA(BPA)汚染有害性化学物質紙幣感熱紙内分泌撹乱物質エストロゲン
ソ今週のアクセスランキング
1.犬用健康補助食品「『ペットラボ』皮ふ健康サポート」を新発売/アサヒカルピスウェルネス
2.睡眠時無呼吸のセルフケア
3.サッポログループがAI(人工知能)を活用。問い合わせ者・回答者の両方の負荷を軽減へ/野村総合研究所
4.ダイエットサポート飲料「コバラサポート グレープフルーツ風味」を発売/大正製薬
5.オフィスワーカー、研修医ではビタミンD欠乏リスクが高い
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO