健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

屋内にいても落雷の危険性


[2011/08/19]

米国立測候所(NWS)によると、適切な予防策を講じなければ、屋内にいても落雷でけがをする可能性がある。

NWSは、強風を伴う雷雨 (thunderstorm)の際に屋内でとるべき安全策として、以下のような提言をしている:
・コードが付いた電話は使用しない。携帯電話やコードレス電話は使用可。
・電気コードや機器には決して触れない。電化製品のプラグは、雷雨の前にあらかじめ抜いておく。
・手洗い、食器洗い、シャワーの利用は避ける。
・窓やドアの近くへは行かない。コンクリート製の床に寝たり、コンクリート製の壁に寄り掛かったりしない。
・雷雨が通り過ぎるまでは、自分のパソコンから離れる。
(HealthDay News 8月4日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=655063
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ小児への鍼治療は安全と言えそう
セ放射線測定器に注文殺到
セ東北地方太平洋沖地震に伴い発生した原子力発電所被害に関する放射能分野の基礎知識
関連ワードで検索
落雷危険性パソコン
ソ今週のアクセスランキング
1.健康食品の電話勧誘販売している3事業者に業務停止命令(3か月)/消費者庁
2.7/11機能性表示食品の届出情報(いちょう葉エキス《インシップ》)等追加7製品を公表/消費者庁
3.歩行速度の低下は認知障害のサイン?
4.7/24機能性表示食品の届出情報(ビルベリープラス《シャンソン化粧品》)等追加5製品を公表/消費者庁
5.特定商取引法違反の訪問販売業者に対する業務停止命令(3か月)について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO