健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

イルカの優れた治癒力がヒトでの恩恵をもたらす可能性


[2011/08/03]
イルカの優れた治癒力がヒトでの恩恵をもたらす可能性

イルカの感染に対する抵抗力やサメによる咬傷(こうしょう)からの迅速な治癒力が、ヒトの創傷治療に新たな洞察をもたらす可能性が新しい研究で示唆された。

医学誌「Journal of Investigative Dermatology(研究皮膚科学)」7月21日号に掲載された論文(レター)で、米ジョージタウン大学メディカルセンター(ワシントンD.C.)非常勤教授のMichael Zasloff氏は、「イルカの治癒過程に関する報告はまだほとんどなく確認されていない。イルカはなぜ、サメによる咬傷で出血死に至らないのか。なぜ激痛に苦しまないのか。重度の損傷による感染が生じないのはなぜか。ヒトならば同様の損傷は致命的になる」と述べている。

これらの疑問を解決するため、同氏は世界各地のイルカ調教師および海洋生物学者にインタビューを行い、入手可能な研究をレビューした。その結果、同氏は、イルカの感染に対する耐性がその脂肪層と関係する可能性があると結論付けた。イルカの脂肪層には天然の有機ハロゲン化合物(organohalogen compound)が含まれ、抗生物質のように作用し、抗菌特性を持つという。同氏は以前に、カエルと小型のサメの皮膚から抗菌化合物を同定している。

Zasloff氏は「イルカは自身の抗菌化合物を蓄え、損傷発生時にそれを放出する可能性が最も高い。また、身体の元の形状を回復させる方法で治癒する。大きな裂傷を正常に近い外観に修復するには、新たに形成された組織を既存の脂肪細胞、コラーゲン、弾性線維に結合させる能力を必要とする。イルカの治癒は、哺乳類の胎児の子宮内での治癒方法と似ている」という。

同氏はさらに、「独自の潜水メカニズムが血流を抑え、治癒を促進する可能性がある。また、無痛覚は確実に生存するための順応である。今回の研究がヒトに恩恵をもたらす研究を促すことを願っている。動物の創傷治癒に新規の抗菌薬や有望な鎮痛化合物が見つかると考えている」と述べている。(HealthDay News 7月22日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=655073
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ腸感染症に対する「糞便移植」の効果に疑問
セ米国の病院でカテーテル関連感染症が半減
セ大手ネイルサロン「ノンストレス」と共同で体験型ギフト「ネイルカード」を発売/ファミリーマート
関連ワードで検索
イルカ感染抵抗力治癒力
ソ今週のアクセスランキング
1.カタログのQRで即時決済!物販支援決済サービスの提供を開始/凸版印刷
2.「潤(うるり)」に美白クリームと肌あれ・にきびケアの保湿ジェルを追加発売/カネボウ化粧品
3.藻類由来DHAオメガ3の補給により学齢期の児童の睡眠持続が向上/エデルマン・ジャパン
4.簡単・もちもち・栄養up! カナダ産オーツ麦から生まれた「ライスオーツ」を新発売/スタースーパーフーズ・インターナショナルジャパン
5.食品添加物の乳化剤が大腸がんに関連 ―マウス研究
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO